コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キングコブラ キングコブラ Ophiophagus hannah; king cobra

6件 の用語解説(キングコブラの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キングコブラ
キングコブラ
Ophiophagus hannah; king cobra

トカゲ目コブラ科。世界最大の毒ヘビで体長 6m以上。頭部後方の頭巾状の広がりは他のコブラ類の場合ほど大きくない。猛毒とその大きさのために恐れられるが,積極的に人を攻撃することは少い。枯れ葉,小枝などを集めて巣をつくり,20~40個の卵を産む。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

キング‐コブラ(king cobra)

コブラ科の爬虫(はちゅう)類。毒蛇の最大種で、全長5メートルを超すものもあり、毒性も強い。体は茶褐色で、頸部(けいぶ)のふくらみは他のコブラより幅広くない。インド東南アジアなどに分布。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

キングコブラ

コブラ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

キングコブラ【king cobra】

世界最大の毒ヘビとして知られる爬虫綱コブラ科のヘビ(イラスト)。インド,東南アジア,アンダマン諸島フィリピン,中国中南部,海南島に分布。全長は約4m,体色はオリーブ褐色から光沢ある黒色まで変異があり,幅狭い黄白色の帯模様がある。平地の森林にすみ地上に多いが,ときには樹上や水中にも見られ,2000mの高地にも分布している。興奮すると頸部を広げて立ち上がり,シューツと音を立てて威嚇し,その姿勢のまま前進して攻撃をしかける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

キングコブラ【king cobra】

有鱗目の爬虫類。全長5メートルを超すものもある最大の有毒蛇。黄褐色ないし黒褐色で、白い帯模様がある。くびの背面に眼鏡形の斑紋があり、興奮すると頸部を広げて立ち上がる。中国南部・東南アジア・インドに分布。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キングコブラ
きんぐこぶら
king cobra
[学]Ophiophagus hannah

爬虫(はちゅう)綱有鱗(ゆうりん)目コブラ科のヘビ。世界最大の毒ヘビで、きわめて危険な種。インド、フィリピンなどの東南アジア、中国南部に分布し、平地の森林にすむ。全長4メートル、最大記録は5.5メートルに達する。1対の頭頂後板が大きいのが特徴である。[松井孝爾]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のキングコブラの言及

【コブラ】より

…神経毒を主成分とする毒性が強く,きわめて危険であり,生息密度も高いため各地で人畜の被害が大きい。熱帯アジアに分布し,最大の毒ヘビとして知られるキングコブラOphiophagus hannah(イラスト),アフリカ産のエジプトコブラN. hajeやケープコブラN.niveaなどはインドコブラ同様の威嚇姿勢をとるが,頸部の幅は狭い。熱帯アフリカ産のクロクビコブラN.nigricollisとリンガルスHemachatus haemachatus(英名ringhals)は,特別な毒牙(どくが)のしくみにより敵の目に的確に毒を吐きかけることができるドクハキコブラ(英名spitting cobra)と呼ばれ,数mの距離を隔てても威力を発揮する。…

※「キングコブラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

キングコブラの関連キーワードアナコンダウミヘビコブラマンバアスプヘビ園マムシ(蝮)ウミヘビ(海蛇)シマヘビ(縞蛇)毒ヘビ(毒蛇)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

キングコブラの関連情報