コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キンケイギク

百科事典マイペディアの解説

キンケイギク

米国,テキサス原産のキク科の一年草。草たけ25〜60cm。葉は羽状に裂ける。頭花は舌状花が黄色で基部が紫褐色に染まる。春まきで性質強く,花期は7〜9月。花壇・切花用。渡来は1878年ころ。オオキンケイギクは北米東部から南部原産の多年草で,舌状花は黄色で幅広く,筒状花も黄色い。育てやすく,花期は6〜8月。オオキンケイギクの改良品と見られる八重咲矮(わい)性品種もあり,鉢植されている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キンケイギク
きんけいぎく / 金鶏菊
golden wave
[学]Coreopsis drummondii Torr. et A. Gray

キク科の耐寒性一年草。アメリカのテキサス原産。葉は対生、下部の葉はやや羽状に裂けた広楕円(こうだえん)形、上部の葉の裂片は線状。春から長日期に入ると、下部から分枝した茎を多数出す。草丈は50~60センチメートル、頂部に径4~5センチメートルの花を多数つける。周囲の舌状花は黄金色、中央の管状花は茶褐色で鮮やか。花壇の花が風に揺れるようすは英名のゴールデンウェーブさながらである。花期は初夏。性質はきわめてじょうぶで、花壇、庭園用として栽培される。秋播(ま)きにし、花壇予定地に定植し、簡単な霜よけをして越冬させる。用土を選ばずよく育つ。[山口美智子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のキンケイギクの言及

【ハルシャギク】より

…寒気に強いので一般に9~10月に種をまけば露地で越冬するが,寒地では春まきとするのでやや茂りは少なく,8月に開花する。 Coreopsis属にはキンケイギクC.basalis Blake(=C.drummondii Torr.et A.Gray)やオオキンケイギクC.lanceolata L.などの一年草や多年草を含めて世界に100種もあるが,花はフラボン色素を含み,アルカリに反応して変色する。【浅山 英一】。…

※「キンケイギク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android