コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キンチャクダイ キンチャクダイ Chaetodontoplus septentrionalis

2件 の用語解説(キンチャクダイの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キンチャクダイ
キンチャクダイ
Chaetodontoplus septentrionalis

スズキ目キンチャクダイ科。全長 25cmぐらいになる。体形は楕円形に近く,側扁する。前鰓蓋骨の後下縁に1本の大きくて鋭いとげがある。体色と斑紋は成長に伴って著しく変化する。成魚では,体は黄褐色で,後部は暗色,体側に多数の細い暗青色の縦縞があり,胸鰭,腹鰭,尾鰭は黄色。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キンチャクダイ
きんちゃくだい / 巾着鯛
angelfishes
[学]Chaetodontoplus septentrionalis

硬骨魚綱スズキキンチャクダイ科の海水魚および同科の魚類の総称。本州中部地方以南から台湾、中国南東部に分布。体は卵形で黄褐色の地に約10本の青色線が縦走する。幼魚は黒色で、成長につれ青色線が増す。鱗(うろこ)は細かく後縁は櫛(くし)状で脱落しにくく、刷毛(はけ)状の触感がある。水深20~30メートルの岩礁域に縄張り(テリトリー)をつくって単独生活をする。産卵期は夏で、幼魚は秋に沿岸に出現する。歯はブラシ状で底生動物や海藻を食べる。キンチャクダイ科の魚類は亜熱帯から熱帯の岩礁やサンゴ礁の浅海に単独生活をするものが多い。いずれも鰓蓋(さいがい)の下部に鋭い棘(とげ)がある。闘争性が強く、飼育下の狭い水槽ではほかの近縁種を攻撃して死なすことがある。姿が美麗で、飼育が比較的容易なので観賞魚として珍重される。幼魚から成魚にかけて体の斑紋(はんもん)が顕著に変化する種が多い。サザナミヤッコ、タテジマキンチャクダイ、コガネヤッコ、ニシキヤッコ、レンテンヤッコなどがある。[井田 齋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キンチャクダイの関連キーワードマダイ甘鯛疣鯛巾着鯛金時鯛天竺鯛もとずきんちゃんアカアマダイキンチャクダイ(巾着鯛)キンチャクダイ科

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

キンチャクダイの関連情報