コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キントキダイ キントキダイ Priacanthus macracanthus

2件 の用語解説(キントキダイの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キントキダイ
キントキダイ
Priacanthus macracanthus

スズキ目キントキダイ科。全長約 30cmになる。体は長楕円形で,側扁する。眼は大きい。体色は鮮かな赤色で,腹部は淡色。背鰭,臀鰭,腹鰭に黄褐色の小斑点がある。鱗は小さいが粗雑。肉食性,また,夜行性。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キントキダイ
きんときだい / 金時鯛
red bulleye
[学]Priacanthus macracanthus

硬骨魚綱スズキ目キントキダイ科に属する海水魚。本州中部地方以南、台湾、フィリピンアフリカ東岸などに広く分布し、沿岸の岩礁近くの砂泥底にすむ。全長40センチメートルに達し、体は長楕円(ちょうだえん)形で側扁(そくへん)する。口は大きく、下あごは上あごより突出。目も大きく、眼径は吻(ふん)長より長い。腹びれは胸びれより前方にあってはるかに大きい。尾びれの後縁はほぼ直線的。体色は鮮紅色で、背びれ、臀(しり)びれ、腹びれなどに暗黄色の小円紋が散在する。日本近海には近縁種として4種ぐらい知られるが、普通にみられる種類はチカメキントキCookeolus boopsである。この種は体高が高くて目が大きく、腹びれがきわめて大きく、鰭膜(きまく)が黒いことなどでキントキダイと区別される。両種は底引網や釣りでやや多量に漁獲され、煮つけなどにして食用にされる。[片山正夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キントキダイの関連キーワードシロギス疣鯛巾着鯛金時鯛笛鯛笛吹鯛アカアマダイアサヒダイキントキダイ(金時鯛)クルマダイ(車鯛)

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone