コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キントキダイ Priacanthus macracanthus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キントキダイ
Priacanthus macracanthus

スズキ目キントキダイ科。全長約 30cmになる。体は長楕円形で,側扁する。眼は大きい。体色は鮮かな赤色で,腹部は淡色背鰭臀鰭,腹鰭に黄褐色の小斑点がある。鱗は小さいが粗雑。肉食性,また,夜行性南日本を含む西太平洋,インド洋に広く分布する。底引網や釣りで漁獲される。食用で,煮つけ,塩焼きなどにされるほか,練製品にも利用される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キントキダイ
きんときだい / 金時鯛
red bulleye
[学]Priacanthus macracanthus

硬骨魚綱スズキ目キントキダイ科に属する海水魚。本州中部地方以南、台湾、フィリピン、アフリカ東岸などに広く分布し、沿岸の岩礁近くの砂泥底にすむ。全長40センチメートルに達し、体は長楕円(ちょうだえん)形で側扁(そくへん)する。口は大きく、下あごは上あごより突出。目も大きく、眼径は吻(ふん)長より長い。腹びれは胸びれより前方にあってはるかに大きい。尾びれの後縁はほぼ直線的。体色は鮮紅色で、背びれ、臀(しり)びれ、腹びれなどに暗黄色の小円紋が散在する。日本近海には近縁種として4種ぐらい知られるが、普通にみられる種類はチカメキントキCookeolus boopsである。この種は体高が高くて目が大きく、腹びれがきわめて大きく、鰭膜(きまく)が黒いことなどでキントキダイと区別される。両種は底引網や釣りでやや多量に漁獲され、煮つけなどにして食用にされる。[片山正夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

キントキダイの関連キーワードキントキダイ(金時鯛)クルマダイ(車鯛)チカメキントキクルマダイ近眼金時片山正夫金時鯛車鯛

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android