コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キンメフクロウ キンメフクロウAegolius funereus; boreal owl

2件 の用語解説(キンメフクロウの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キンメフクロウ
Aegolius funereus; boreal owl

フクロウ目フクロウ科。全長 20~23cmで,雌の方がやや大きい。頭,背,,尾は褐色で,細かい白斑が頭部と頸に,それよりやや大きな白斑が背面にある。胸腹部は白っぽく,褐色の虫くい模様が連なった縦斑がある。虹彩は黄色。丸い顔(顔盤)は白くて暗色で縁どられ,羽角は短い。ヨーロッパ中部,北部からシベリア東南部,カムチャツカ半島東アジア北部,サハリン島に繁殖分布する。日本には,冬季,本州北海道にごく少数が渡来した記録があるほか,近年,北海道で少数の繁殖が確認された。おもに深い針葉樹林内に生息し,夜行性で,小動物を捕食する。(→猛禽類

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キンメフクロウ
きんめふくろう / 金目梟
Tengmalm's owl
[学]Aegolius funereus

鳥綱フクロウ目フクロウ科の鳥。全長約25センチメートル、体上面は暗褐色地に白斑(はくはん)が散在しており、下面は淡褐色地に暗褐色の縦斑がある。ユーラシアおよび北アメリカの亜寒帯に分布し、日本にはまれな冬鳥として北海道や本州に渡来する。針葉樹林にすみ、夜間にネズミ、小鳥、カエルなどをとらえて食べる。プープゥプープゥと柔らかな声で鳴く。類似種にコキンメフクロウAthene noctuaがいる。[樋口広芳]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

キンメフクロウの関連情報