コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キンラン(金蘭) キンランCephalanthera falcata

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キンラン(金蘭)
キンラン
Cephalanthera falcata

ラン科の多年草。東北地方南部から九州までの山林下に生じ,特に関東では雑木林の中に普通にみられる。高さ 50cmに達し,は長楕円形,10枚ほどが互生し,葉の基部は茎を抱く。4~5月頃,茎頂に 10個内外の黄色花を集めてつける。花は長さ 15mmほどでふっくらと半開し,全部は開かない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

キンラン(金蘭)【キンラン】

本州〜九州,東アジアに分布し,低山の疎林下や林縁にはえるラン科の多年草。茎は高さ40〜80cm,5〜8枚の広披針形の葉をつける。晩春,茎頂に花穂を出し,数花をつける。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

キンラン(金蘭)の関連キーワードギンラン(銀蘭)

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android