コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キンラン Cephalanthera falcata (Thunb.) Bl.

世界大百科事典 第2版の解説

キンラン【Cephalanthera falcata (Thunb.) Bl.】

低山の疎林下や林縁に生える地生ラン(イラスト)。鮮黄色の花が印象的であり,和名花色にちなんで,金蘭とついた。植物体は無毛。根茎は短く,かたい根が多数ある。茎は30~60cm,葉を5~6枚,互生する。葉は茎を抱き,長さ7~12cm,幅2~4cmの楕円形披針形,顕著な縦じわがある。花は4~5月,やや密に3~10個を咲かせ,直径約1cm,鮮黄色で,ほとんど開かない。三角形で,子房よりずっと短い。萼片花弁は長さ1.5cm前後。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キンラン
きんらん / 金蘭
[学]Cephalanthera falcata Bl.

ラン科の多年草。根茎は短い。茎は高さ30~60センチメートル。葉は5、6枚、茎上に互生し、楕円(だえん)形ないし披針(ひしん)形、長さ7~12センチメートル、顕著な縦じわがある。5~6月、頂生の花序に黄色の花を数個ないし十数個つける。包葉は子房よりも短い。花は径約1センチメートルで、あまり開かない。唇弁にはごく短い距(きょ)がある。低山の疎林下に生え、本州、四国、九州および朝鮮半島、中国に分布する。日本のこの属には花の白いギンランとササバギンランなどがある。[井上 健]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

キンランの関連キーワードchicken raceギンラン(銀蘭)キンランチョウムラサキオモトオウゴンチョウササバギンランニック パークコクホウジャク貴船海老根池田恭祐コリウスギンラン青木淳高コレウス機織鳥宮本淳朝熊草有馬草奇参蘭井上

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

キンランの関連情報