コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キンレイカ(金鈴花) キンレイカPatrinia palmata

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キンレイカ(金鈴花)
キンレイカ
Patrinia palmata

オミナエシ科の多年草。ハクサンオミナエシともいう。高山や山地の岩場などに自生する。高さ 30cm内外。夏に,茎頂に枝分れした花序を出し,多数の黄色の小花をつける。花後翼状の包葉に包まれた楕円形の果実を生じる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

キンレイカ【キンレイカ(金鈴花) Patrinia triloba (Miq.) Miq.var.palmata (Maxim.) Hara】

山地の岩場などに生えるオミナエシ科の多年草(イラスト)。名前は花冠が黄金色で鐘形であることによる。茎は高さ20~60cm。葉は長い柄があり,カエデのように切れ込む。花は茎の先に集まって,7~8月に咲く。花冠は長さ7~8mm,基部に2~3mmの距があり,5裂する。果実には苞の発達した翼がある。関東以西の太平洋側と九州に分布する。北陸地方には花冠の距が短いコキンレイカvar.trilobaがあるが,両変種の移行帯には中間型がみられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android