コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キーウィフルーツ キーウィフルーツ Actinidia chinensis; kiwi fruit

2件 の用語解説(キーウィフルーツの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キーウィフルーツ
キーウィフルーツ
Actinidia chinensis; kiwi fruit

マタタビ科の落葉つる植物。シナスグリともいう。中国南部原産で,紅藤梨,羊桃の名がある。雌雄異株。6~7月に白い五弁花をつけ,8~10月に実を熟す。キーウィに似た褐色の果実は,全面に毛をもつ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

キーウィフルーツ【kiwi fruit】

中国原産で,ニュージーランドで栽培果樹に育成されたマタタビ科のつる性木本。名は果実がニュージーランドの象徴キーウィに似ることに由来する。しかし,もともとは中国の長江南部に自生するシナサルナシ(羊桃)の種子が1906年にニュージーランドに導入され,その実生苗から改良されたものである。日本へは64年に果実が輸入され,69年に実生苗と導入苗から初結実をみて,近年栽培面積が増加している。葉は互生し柄があり,円心形。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のキーウィフルーツの言及

【サルナシ】より

…【松井 仁】。。…

【マタタビ】より

…【初島 住彦】。。…

【マタタビ】より

… マタタビ科Actinidiaceaeは3属約300種からなり,熱帯,亜熱帯に種類が多いが,温帯に分布するものもあり,つる性となるものが多い。この科に属するキーウィフルーツは中国原産のシナサルナシA.chinensis Planch.がニュージーランドで品種改良され,果樹に育成されたものである。【初島 住彦】。…

【有毒植物】より

…ヤマノイモ,サトイモ,カラスビシャク,マムシグサなどの根茎にはシュウ酸カルシウムの鋭くとがった針状結晶が存在し,皮膚を刺激し炎症をおこす。コンニャク,キーウィフルーツでも同じ現象がみられるが,原因をシュウ酸カルシウムだけとする説には疑問がある。ウルシ,ハゼノキ,ヌルデ,マンゴーなどウルシ科植物による強いアレルギー性皮膚炎の原因は含有成分のウルシオールにある。…

※「キーウィフルーツ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

キーウィフルーツの関連キーワードニュージーランド亜区真麻蘭ニュージーランド海驢とうほくニュージーランド村ニュージーランド学会ニュージーランドワインニュージーランドマアジニュージーランド・ハンタウェイニュージーランド・ポニー種 (New Zeal Land Pony)ニュージーランド馬衣 (New Zealand rug)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone