コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キース Keith, Sir Arthur

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キース
Keith, Sir Arthur

[生]1866.2.5. アバディーン
[没]1955.1.7. ケント
イギリスの解剖学者,人類学者。アバディーン大学卒業後,軍医として東南アジアに従軍し,霊長類解剖学を修得。帰国後,ロンドン病院に勤務,のち王立外科学校教授 (1908) ,イギリス人類学会会長 (12~14) ,アバディーン大学学長 (30~33) を歴任。カルメル山人骨の研究が有名。主著"New Discoveries Relating to the Antiquity of Man" (31) ,"New Theory of Human Evolution" (48) 。

キース
Keith, Benjamin Franklin

[生]1846.1.26. ニューハンプシャー,ヒルズボロ
[没]1914.3.26. フロリダ,パームビーチ
アメリカの興行師。 1883年 E.オールビーとともにキース=オールビー・ボードビル興行社 Keith-Albee Vaudeville Circuitを設立。 1906年に独立,全国に低廉な料金による劇場チェーンのネットワークを設け,ボードビル界に君臨した。

キース
Keith, William

[生]1839.11.21. アバディーン
[没]1911.4.13. バークリー
アメリカの風景画家,版画家。スコットランドに生れ,1850年ニューヨークに,59年からサンフランシスコに移住。雑誌『ハーパーズ』の挿絵版画家として働く。 69~70年ヨーロッパで絵画を学び,シェラネバダやヨセミテなどでスケッチした風景画を多く制作。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

キース

任天堂のゲーム「ゼルダの伝説」シリーズに登場する敵キャラクター。コウモリに似る。同様のキャラクターに炎をまとったファイアキース、冷気をまとったアイスキースがいる。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

キース【Arthur Keith】

1866‐1955
20世紀前半に,人類の起源・進化の研究分野で活躍したイギリスを代表する人類学者。足の解剖学的特徴から,ヒトの祖先はメガネザル以前に分岐し,次いで新世界ザル,旧世界ザル,テナガザルと分かれてきた大型類人猿のなかに含まれると考えた(類人猿説)。この類人猿レベルではブラキエーション(腕わたり)をしており,それから人類の二足歩行が導き出されたという(ブラキエーション説)。直接的な化石研究というより,比較解剖に基づく系統発生説といえよう。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キース
きーす
Sir Arthur Keith
(1866―1955)

イギリスの解剖学、自然人類学者。スコットランド、アバディーンに生まれる。アバディーン大学、ロンドンのユニバーシティ・カレッジ、ドイツのライプツィヒ大学に学び、医学、理学ならびに法学の博士号を受けた。その間1889~1892年に軍医としてタイに赴き、霊長類の比較解剖学への興味が芽生えた。王立外科大学、王立研究所、アバディーン大学の教授を歴任。1912~1914年、王立人類学会会長を務めた。発生学、人種学などの研究とともに、主としてヨーロッパ、アフリカの人類化石に基づいて人類進化の研究を行った。とくに、イスラエルのカルメル山洞窟(どうくつ)人骨(旧人段階)がヨーロッパの旧人と異なることを明らかにし、西アジアにおける旧人研究の端緒を開いた。1924年に南アフリカ、タウングで出土したアウストラロピテクスについては否定的態度をとった。『人類の発生学および形態学』をはじめ、解剖学、人種学、人類進化学に関する多くの著書を残した。その幅広い研究により、近代自然人類学の先駆者の一人といわれる。[埴原和郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

キースの関連キーワードエリック・クリストファー ジーマンオーソン・ウェルズのフォルスタッフボストン・ポップス・オーケストラ中村キース・へリング美術館二十四人のビリーミリガンエズモンド エドワーズローリング・ストーンズプリンセスと魔法のキスローリング・ストーンズアレキサンドラ ポールザ・ケルン・コンサートペインテッド・デザートスティーブ バッカースコット ジャレットシーヴァスブラザーズNSAの情報収集問題ローリングストーンズフォレスト・フラワーガス・アンド・ミーブライアン キース

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

キースの関連情報