ギズボーン(英語表記)Gisborne

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ギズボーン
Gisborne

ニュージーランド,ノース島の東部,ポバティー湾にのぞむ海港都市。東端突出部を形成するギズボーン地方の中心地。この地方にはマオリ族が多い。一般に丘陵地,山地から成り,ヒツジの飼育が盛んで,羊毛,冷凍肉の輸出が多い。 1769年 J.クックはこの近くに上陸したが,敵意を示す先住民から糧食を得られず,この湾をポバティー (貧困) 湾と名づけたといわれる。避暑地としても有名。人口3万 1900 (1990推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ギズボーン【Gisborne】

ニュージーランド北島の東岸,ポバティ湾に面した都市。人口3万1000(1991)。集約的な牧羊・酪農地帯を後背地に持ち,食品加工などの関連工業がある。オークランドに航空路ウェリントンに航空路・鉄道が通じる。1852年入植,1955年市制。ポバティ湾は水深が浅く,港湾機能はあまり大きくない。この湾には1769年にJ.クックが訪れ,求める必要物資が得られなかったために貧困湾Poverty Bayと命名した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ギズボーン
ぎずぼーん
Gisborne

ニュージーランド北島東端のプバティ湾に臨む都市。人口4万3971(2001)。湾の南東部のヤング・ニックス・ヘッドは、1770年にクックがニュージーランド最初の足跡を残した所である。1865年に入植が始まり、付近は牧羊と酪農が盛んである。[浅黄谷剛寛]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android