コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギズボーン Gisborne

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ギズボーン
Gisborne

ニュージーランド,ノース島の東部,ポバティー湾にのぞむ海港都市。東端突出部を形成するギズボーン地方の中心地。この地方にはマオリ族が多い。一般に丘陵地,山地から成り,ヒツジの飼育が盛んで,羊毛,冷凍肉の輸出が多い。 1769年 J.クックはこの近くに上陸したが,敵意を示す先住民から糧食を得られず,この湾をポバティー (貧困) 湾と名づけたといわれる。避暑地としても有名。人口3万 1900 (1990推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ギズボーン(Gisborne)

ニュージーランド北島東部の都市。ポバティ湾に面する。後背地において牧羊酪農が盛んで、食品加工業が立地。1770年にジェームズ=クックが訪れたが、マオリから期待した水と食料が得られなかったため、「貧困の湾」と名付けた。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ギズボーン【Gisborne】

ニュージーランド北島の東岸,ポバティ湾に面した都市。人口3万1000(1991)。集約的な牧羊・酪農地帯を後背地に持ち,食品加工などの関連工業がある。オークランドに航空路ウェリントンに航空路・鉄道が通じる。1852年入植,1955年市制。ポバティ湾は水深が浅く,港湾機能はあまり大きくない。この湾には1769年にJ.クックが訪れ,求める必要物資が得られなかったために貧困湾Poverty Bayと命名した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ギズボーン
ぎずぼーん
Gisborne

ニュージーランド北島東端のプバティ湾に臨む都市。人口4万3971(2001)。湾の南東部のヤング・ニックス・ヘッドは、1770年にクックがニュージーランド最初の足跡を残した所である。1865年に入植が始まり、付近は牧羊と酪農が盛んである。[浅黄谷剛寛]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ギズボーンの関連キーワードキリ テ・カナワキリ・テ カナワイーストランドジェームズテ・カナワジョーンズ

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ギズボーンの関連情報