コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギマ ギマ Triacanthus biaculeatus

3件 の用語解説(ギマの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ギマ
ギマ
Triacanthus biaculeatus

フグ目ギマ科の海水魚。食用とされる。全長 30cm内外。体はやや側扁し,尾柄が長く,尾鰭は深く二叉する。全身硬い小鱗で覆われ,側線は顕著。体の背方は帯青灰色,腹方は銀白色で,第1背鰭に大きい 1黒斑がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ギマ【triple‐spine】

フグ目ギマ科の海産魚(イラスト)。本州中部以南,東南アジアにわたる各地沿岸に分布する。体は細かいうろこで覆われ,背方が青灰色で腹方は銀白色。第1背びれの第1棘(きよく)は長く,腹びれは左右それぞれ1本の棘になっている。英名,属名ともに〈3本のとげ〉という意味である。第1背びれに大きな黒斑があり,胸びれと垂直びれは黄色。尾びれは二叉している。口は小さく,上下両あごに各1対の門歯がある。全長およそ30cm。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ギマ
ぎま / 義万
[学]Triacanthus biaculeatus

硬骨魚綱フグ目ギマ科に属する海水魚。本州中部地方以南の各地、および太平洋インド洋の熱帯水域に広く分布する。体は側扁(そくへん)して細長く、体の全面が粗雑な小鱗(しょうりん)に覆われる。背びれと腹びれの棘(とげ)は硬くて長い。体の背側は暗灰色で腹側は銀色。第1背びれに大きな黒斑(こくはん)がある。全長25センチメートルに達する。沿岸の浅所を群泳する。産卵期は6、7月で、卵は球形の分離浮性卵。肉は美味である。[松浦啓一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ギマの関連キーワードスズメダイフグ中毒箱河豚ナシフグフグ(河豚)コモンフグサバフグ(鯖河豚)ショウサイフグ(潮際河豚)トラフグ(虎河豚)ヒガンフグ(彼岸河豚)

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ギマの関連情報