コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギーターンジャリ Gītāñjalī

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ギーターンジャリ
Gītāñjalī

インド,ベンガル語の詩人タゴールの代表的詩集。『歌の捧げもの』と訳される。 1906~10年の間の詩を集めたもので,ベンガル語版 (1910) と英語版 (12) があり,その内容は必ずしも一致していない。宗教詩が中心で,英語版発表後,タゴールの名声は世界的に広がり,これによって 13年度ノーベル文学賞を受賞した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ギーターンジャリ【Gītāñjali】

インド,ベンガル地方の詩人タゴールの代表詩集(1910)。原題は《ギタンジョリ(〈歌の捧げ物〉の意)》。一般には,1912年にW.B.イェーツらの勧めによりイギリスで出版された,タゴール自身の英訳になる同名の詩集を指す。この英訳詩集により翌13年,タゴールは東洋人として初めてのノーベル文学賞を受賞した。この英語版はベンガル語版《ギタンジョリ》の翻訳というよりも,むしろ初期・中期のさまざまなベンガル語詩集から神秘的抒情性をもつ作品を選び出し,自由に散文訳してまとめたという性格が強い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ギーターンジャリ
ぎーたーんじゃり
Gtnjali

インドの詩人タゴールの詩集。1910年刊。ギーターは歌。アンジャリは合掌で、「歌の祈り」の意。1906年から10年までの間につくられた157編の叙情詩からなり、彼の神に訴えるせつせつたる思いを述べたもので、原詩は音楽的な美しい響きをもつ。イェーツをはじめ、トーマス・マン、シュバイツァー、ジッドらから高く評価された。ベンガリー版と英語版(1912)とは詩句の数も違い、英訳というより英語で書き直したというほうが適当である。[田中於莵弥]
『渡辺照宏訳『タゴール詩集――ギーターンジャリ』(岩波文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ギーターンジャリの関連キーワードタゴール(Rabindranath Tagore)

今日のキーワード

日馬富士 公平

大相撲力士。身長186センチ、体重137キロ。1984年4月14日生まれ、モンゴル・ゴビアルタイ出身。伊勢ヶ濱部屋に所属。本名はダワニャム・ビャンバドルジ。2001年1月の初場所で初土俵、2012年1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android