コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギー ギー ghee

翻訳|ghee

8件 の用語解説(ギーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ギー
ギー
ghee

インドで料理に用いる一種のバター。水牛,牛,やぎの乳を原料としたバターを溶かしてろ過したもの。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ギー(〈ヒンディー〉ghee/ghī)

インド・ネパールなどの調理用の透明な油。水牛・牛・羊・山羊などの乳から作ったバターを溶かし、脂肪(バターオイル)分を集めたもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ギー

インドで使われているバターオイル。牛乳を乳酸発酵させてバターを作り,加熱して脂肪分だけをとり出したもの。普通固形で,バターと違って酸化しにくい。インドには多彩な乳製品があるが,最も重要なものがギーで,揚物や炒め物に使うほか,米に混ぜて炊き込んだり,菓子作りにも用いられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

ギー

 インドで水牛乳や牛乳から作るバターオイル.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

ギー

サンリオのキャラクターシリーズ「ブー ギー ウー」のメインキャラクター。アメリカレストランを経営するぶたの男の子

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ギー【ghee】

インドで古くから作られている乳脂肪製品。一般にはスイギュウの乳から作られるが,牛乳またはヤギ乳を原料とすることもある。新鮮な乳を約1時間煮沸したのち,冷暗所に放置して凝固させる。このときにすでに酸凝固している別の乳を加えて凝固を促進させることもある。凝固物を集めて,約30分間かくはんすることによりチャーニングを行う。チャーニングの終わるころに水を加えてさらにかくはんを続けるとバターができる。バターをすくいとり,加熱溶解してろ過すると透明なバターオイルが得られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ギー【ghee】

インドの主要な食用油。水牛などの乳から作るバターを溶かして漉したもの。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ギー
ぎー
ghee

インドで常用されている精製バター。英語のバターオイルにあたる。サンスクリット語ではグリタghritaで、古来食用、薬用に供されてきたほか、いまも灯明や祭壇の供物、火中に投じて炎とする宗教祭儀などに用いられ、古代インドの経典にもよくそれが現れる。とくに宗教的な菜食主義者が食用にできる唯一の動物性脂肪なので、食生活上きわめて重要な地位を占め、インドで生産される牛乳(水牛乳を含む)の約40~43%がギーに加工されている。同じ形の保存性のよいバターオイルが、高温の西南アジアからモンゴルに至る内陸一帯に存在し、その製法はヒツジ、ヤギ、ウシ、スイギュウ、ヤクなどの発酵乳の粗製バターをとろ火で溶解し、水分と微量のタンパク質を除去して、透明なバターオイルの部分をすくい取る。またモンゴルのシャルトスのように、生乳を煮て静置した後に浮上する脂肪の層をすくい上げ、それを加熱して同じように取る製法もある。なお、中国唐代の乳製品の「醍醐(だいご)」が、それにあたることもほぼ定説化しつつある。[新沼杏二・和仁皓明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のギーの言及

【スイギュウ(水牛)】より

…用途は乳用と肉用で,改良の進んだミュラー種murrah,ニリ・ラビ種Nilli‐Raviでは年間4000kgも泌乳するものがあるが,ふつうは2000~3000kgで,乳脂肪率は7.6%くらい。ギーgheeという調味用バターを製造する。【正田 陽一】
[家畜化の歴史]
 野生スイギュウの中で,家畜化されたものはアジアスイギュウである。…

【スイギュウ(水牛)】より

…用途は乳用と肉用で,改良の進んだミュラー種murrah,ニリ・ラビ種Nilli‐Raviでは年間4000kgも泌乳するものがあるが,ふつうは2000~3000kgで,乳脂肪率は7.6%くらい。ギーgheeという調味用バターを製造する。【正田 陽一】
[家畜化の歴史]
 野生スイギュウの中で,家畜化されたものはアジアスイギュウである。…

【バター】より


[成分]
 乳脂肪分は加塩バターでは80.0%以上,無塩バターでは82.0%以上で,水分17.0%以下と定められている。この脂肪は消化吸収がよく,すぐれたエネルギー源である。またビタミンAのよい給源でもある。…

※「ギー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ギーの関連キーワード乳脂肪クロテッドクリームおいしい無脂肪乳ジンジャービール異種脂肪筋間脂肪乳脂肪球乳脂肪率乳脂率五斗納豆

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ギーの関連情報