クイーン・アン様式(読み)クイーンアンようしき

世界大百科事典 第2版の解説

クイーンアンようしき【クイーン・アン様式】

イギリスのアン女王治世(1702‐14)にみられる美術・工芸様式。その特徴は前代のウィリアム・アンド・メアリー時代のオランダバロック特質や,漆塗家具といった東洋趣味を引き継いではいるが,装飾は控え目で,シンプルな使い良い形態を目指している。家具においては,豪華さよりも,古典主義的な軽快で優雅な形を重視し,明るい色のウォルナット材が好まれた。またカブリオール脚と呼ばれる,動物の脚をかたどった脚がテーブルや椅子の脚に用いられた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クイーン・アン様式の関連情報