コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クオピオ Kuopio

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クオピオ
Kuopio

フィンランド中南部,クオピオ県の県都。カラ湖西岸の突出部に位置する。 17世紀中頃に設立された湖上水運,陸上交通の要地で,経済,教育,宗教の中心地。近くのプイヨの丘陵は国内有数のウィンタースポーツ・センター。産業は製材,食品加工,建材,合板,機械,衣料製造など。夏季には南方のサボンリンナと船便で結ばれ,リッサラには空港がある。人口8万 1391 (1992推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クオピオ
くおぴお
Kuopio

フィンランド中部、サイマー湖水系に属するカラベシ湖に臨む都市。人口8万7347(2001)。とくに南北を結ぶ水上交通の中心地として古くから商業が盛んで、現在も北部サボの湖沼地域の中心都市である。典型的な森と湖の景観が多くの観光客をひきつけるが、周辺には伝統的な民俗が残っている。工業の大規模な発達はないが、地方中心都市として、古くからの製材、木製品のほかに、食品、繊維工業が立地している。[塚田秀雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android