コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クサレダマ クサレダマ Lysimachia davurica

2件 の用語解説(クサレダマの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クサレダマ
クサレダマ
Lysimachia davurica

サクラソウ科の多年草。山地や原野の湿地にしばしば群生する。茎は直立し高さ 1mほどになる。葉は対生,または3~4片輪生し,披針形,鋭尖頭,全縁である。夏に,円錐花序を出し,多数の有柄の黄色花をつける。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クサレダマ
くされだま / 草連玉
[学]Lysimachia vulgaris L. var. davurica R. Knuth.

サクラソウ科の多年草。地下茎を引いて群生する。茎は細く直立、高さ60~80センチメートルで、長さ5センチメートルほどの細い葉を3、4枚ずつ輪生し、葉柄はない。7月ころ、茎の上方の節ごとに花穂を出し、黄色花を多数つける。花冠は深く5裂し、雄しべは5本。名はレダマ(マメ科)に似た草の意。原野の湿地に生え、北海道から九州、さらに東アジアに分布する。黄色花からイオウソウ(硫黄草)の名もある。[鳥居恒夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のクサレダマの言及

【オカトラノオ】より

…葉も細く,倒披針形,幅1~1.5cm。クサレダマL.vulgaris L.ssp.davurica (Ledeb.) Tatew.は花が黄色く,披針形の葉が2~4枚,対生または輪生し,湿地に生える。ヤナギトラノオL.thrysiflora L.は,葉腋(ようえき)に黄色い花を総状につける。…

※「クサレダマ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

クサレダマの関連キーワード大桜草九輪草小茄子桜草水蘭白山小桜唐土草銀鈴花クリンソウハクサンコザクラ

クサレダマの関連情報