コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クノッソス遺跡 クノッソスいせきKnossos

翻訳|Knossos

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クノッソス遺跡
クノッソスいせき
Knossos

地中海,クレタ島にあった古代都市クノッソス遺跡。島の北岸中央部イラクリオンから 6km南にある。 1900年からイギリスの考古学者 A.エバンズが発掘し,後期青銅器時代の大宮殿を中心とするクレタ文明の全容を明らかにした。宮殿は遺跡の中心に,傾斜に沿って造られており,ラビュリントス (迷宮) 伝説の起源といわれる。王座の間,王妃の間,祭礼の間など中庭に近い主要な部屋はフレスコによるいきいきとした壁画で装飾されていた。またこの宮殿の書庫から多数の線状文字AとBの資料が発見され,このうち,線状文字Bについては,M.ベントリス,J.チャドウィックらによって解読され,アルカディア方言に近いギリシア古語であることが判明した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界の観光地名がわかる事典の解説

クノッソスいせき【クノッソス遺跡】

ギリシアのクレタ島中部の北側沿岸、同島の中心都市イラクリオン中心部から約5kmの郊外にある、クレタ文明の中心的な遺跡。紀元前19世紀ごろから独自の青銅器文明(ミノア文明、クレタ文明)が発展したが、クノッソスはその中心で、ここには同島を支配していたミノス王の居城の宮殿遺跡が残っている。フィロンによる世界の七不思議の一つであるラビュリントス(迷宮)があることでも知られる。この遺跡は、20世紀初めにイギリスのアーサー・エバンズにより発見され、発掘が進んだ。この遺跡にある出土品のほとんどは複製品で、本物はイラクリオン市内の考古学博物館に保存・展示されている。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

クノッソス遺跡の関連キーワードエバンズ(Sir Arthur John Evans)アーサー・ジョン エバンズ

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android