コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クノッソス遺跡 クノッソスいせき Knossos

翻訳|Knossos

2件 の用語解説(クノッソス遺跡の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クノッソス遺跡
クノッソスいせき
Knossos

地中海,クレタ島にあった古代都市クノッソスの遺跡。島の北岸中央部イラクリオンから 6km南にある。 1900年からイギリス考古学者 A.エバンズが発掘し,後期青銅器時代の大宮殿を中心とするクレタ文明の全容を明らかにした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界の観光地名がわかる事典の解説

クノッソスいせき【クノッソス遺跡】

ギリシアのクレタ島中部の北側沿岸、同島の中心都市イラクリオン中心部から約5kmの郊外にある、クレタ文明の中心的な遺跡。紀元前19世紀ごろから独自の青銅器文明(ミノア文明、クレタ文明)が発展したが、クノッソスはその中心で、ここには同島を支配していたミノス王の居城の宮殿遺跡が残っている。フィロンによる世界の七不思議の一つであるラビュリントス(迷宮)があることでも知られる。この遺跡は、20世紀初めにイギリスのアーサーエバンズにより発見され、発掘が進んだ。この遺跡にある出土品のほとんどは複製品で、本物はイラクリオン市内の考古学博物館に保存・展示されている。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クノッソス遺跡の関連キーワードクレタ島ソアイディ山ΗράκλειονΧανιάΜαλιάバジャワ聖母ケラ教会ベニゼーロストルコ・ギリシア戦争

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone