コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クマタケラン くまたけらん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クマタケラン
くまたけらん / 熊竹蘭
[学]Alpinia formosana K. Schum.

ショウガ科の多年草。茎は高さ1、2メートル、葉は数枚、葉身は無毛で表面に光沢があり、長さ50~70センチメートル、幅8~12センチメートル、基部は長い鞘(さや)に続く。包葉は長さ1~1.5センチメートル。花期は7、8月で、花序は総状で直立し、無毛。花は長さ2.5~3センチメートル、白色で唇弁の内側に紅斑(こうはん)がある。暖地の林下または林縁に群生する。九州南部、沖縄、台湾に自生し、栽培もされる。アオノクマタケランA. intermedia Gagnep. はこれより小さく、包葉は長さ5~7ミリメートル、花は長さ2センチメートルで唇弁に紅斑がない。伊豆諸島、紀伊半島、四国、九州に自生し、中国にも分布する。[清水建美]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のクマタケランの言及

【ハナミョウガ(花茗荷)】より

…また中国では果実や種子を土砂仁,全草は山姜(さんきよう)といい薬用にする。よく似ているクマタケランA.kumatake MakinoやアオノクマタケランA.chinensis Rosc.も西南日本の暖地林床に分布し,ときには観賞用に栽植されることがある。ハナミョウガ属Alpiniaのうちゲットウのように大型のきれいな花をつける種は,熱帯域や温室で観賞用に広く栽植されている。…

※「クマタケラン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

クマタケランの関連キーワードクマタケラン(熊竹蘭)クロセセリショウガ科アルピニア香炉

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android