コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クマノミズキ

百科事典マイペディアの解説

クマノミズキ

ミズキ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クマノミズキ
くまのみずき / 熊野水木
[学]Cornus macrophylla Wallich

ミズキ科の落葉高木。高さ10メートル、樹皮は褐色。葉は対生し、卵状長楕円(ちょうだえん)形、長さ6~15センチメートル。花は6、7月、若枝に頂生する散房花序に多数つき、白色。核果は黒熟する。本州、四国、九州の山地に生え、朝鮮半島、中国、ヒマラヤに分布する。[門田裕一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のクマノミズキの言及

【ミズキ】より

…材は白色,やや軟質で細工しやすく,特に東北地方のこけし木地として賞用される。分布域をほぼ同じくする近縁種に,クマノミズキC.macrophylla Wall.(イラスト)がある。葉が対生し,花期がミズキより約1ヵ月遅い。…

※「クマノミズキ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

クマノミズキの関連キーワードミズキ(水木)縄文文化