コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クラショー クラショーCrashaw, Richard

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クラショー
Crashaw, Richard

[生]1613頃.ロンドン
[没]1649.8.21. イタリア,ロレト
イギリスの形而上詩人ケンブリッジ大学に学び,1635年フェローの地位を得,国教会派の聖職についたが,内乱 (1642~51) により,43年ケンブリッジを去った。以後オランダフランスに亡命生活をおくり,カトリックに改宗。 49年ローマ教会に地位を得,任地ロレトにおもむくが,まもなく没した。詩集に『聖なる警句』 Epigrammatum Sacrorum Liber (34) ,『聖堂への歩み』 Steps to the Temple with the Delights of the Muses (46,48増補) ,『わが神に捧げる歌』 Carmen Deo Nostro (52,死後出版) など。バロック的要素の濃い作品が多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

クラショー【Richard Crashaw】

1613‐49
イギリスの詩人,宗教家。父はピューリタニズムに近い牧師であったが,クラショー自身はケンブリッジ大学在学中からしだいにカトリックに近づいた。その信仰のゆえに大学を追われたのち,はっきりとカトリックに改宗し,パリに亡命。続いてイタリアへおもむき聖職を得たが,まもなく病没した。詩集《教会への歩み》(1646,48)は,宗教詩人としての先輩であり,敬虔なる国教会派信者であったG.ハーバートの詩集《教会》への真摯な傾倒を示し,英国国教会敬虔主義的な要素がカトリシズムにつながりやすい側面を表している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クラショー
くらしょー
Richard Crashaw
(1613?―1649)

イギリスの形而上派詩人(メタフィジカル・ポエット)、宗教詩人。J・ダンの形而上詩などに比べ内面の緊張や哲学的錯綜(さくそう)の深さに欠けるといわれることもあるが、イギリス文学ではバロック感覚を最大限に示す詩人である。そのイメージはカトリックの伝統に深く根ざし、十字架にかけられたキリストを想(おも)って涙するマグダラのマリアを「かの女(ひと)は燃える噴水か、はてまた涙する炎か」と形容し、涙の尽きない彼女の両の眼を「二つの歩く浴槽、二つの涙の動き/携帯用の簡便な二つの大海原」(詩「涙する人」から)と表現するように、感覚的、官能的な、身ぶりの大きいイメージを重厚に積み重ねて、カトリックの法悦境を歌い上げた。[河村錠一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

クラショーの関連キーワードロマノフ朝ロマノフ朝チャールズチャールズサベジチャールズ1世木下長嘯子ウィンスロップクロムウェル(Oliver Cromwell)サルマシウス

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone