コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クリタケ(栗茸) クリタケNaematoloma sublateritium

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クリタケ(栗茸)
クリタケ
Naematoloma sublateritium

担子菌類マツタケ目モエギタケ科のキノコ。秋に,広葉樹林の枯れ木や切り株の根もとに群生する。傘は径3~8cm,半球形で後方に平らに開く。茶褐色で肉は黄白色。柄は径 0.8~1.5cm,長さ5~10cm,上半は黄白色,下半は褐色。食用となるキノコで,日本,中国,シベリア,小アジア,ヨーロッパ,北アメリカなどに広く分布する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

クリタケ【クリタケ(栗茸) Naematoloma sublateritium (Fr.) Karst.】

担子菌類ハラタケ目モエギタケ科の食用キノコ(イラスト)。中秋から晩秋にかけて,ナラクヌギ,クリなどの枯木切株に多数,束になって生える。分布は世界的に広い。高さ5~10cmほど,かさは3~8cm,表面は茶褐色,若いときには周辺部に白い綿くず状の繊維をつける。かさが開くまではかさの縁と茎の上部との間に薄い膜がはるが,開くときには破れてかさの縁になごりをのこす。ひだははじめ黄白色だが,胞子が熟すと淡紫褐色をおびる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android