コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クリタケ(栗茸) クリタケ Naematoloma sublateritium

2件 の用語解説(クリタケ(栗茸)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クリタケ(栗茸)
クリタケ
Naematoloma sublateritium

担子菌類マツタケ目モエギタケ科のキノコ。秋に,広葉樹林枯れ木や切り株の根もとに群生する。傘は径3~8cm,半球形で後方に平らに開く。茶褐色で肉は黄白色。柄は径 0.8~1.5cm,長さ5~10cm,上半は黄白色,下半は褐色。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

クリタケ【クリタケ(栗茸) Naematoloma sublateritium (Fr.) Karst.】

担子菌類ハラタケ目モエギタケ科の食用キノコ(イラスト)。中秋から晩秋にかけて,ナラ,クヌギ,クリなどの枯木や切株に多数,束になって生える。分布は世界的に広い。高さ5~10cmほど,かさは3~8cm,表面は茶褐色,若いときには周辺部に白い綿くず状の繊維をつける。かさが開くまではかさの縁と茎の上部との間に薄い膜がはるが,開くときには破れてかさの縁になごりをのこす。ひだははじめ黄白色だが,胞子が熟すと淡紫褐色をおびる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

クリタケ(栗茸)の関連キーワードベニタケ(紅茸)アミガサダケコウタケシメジスギヒラタケタマゴタケチチタケハラタケフクロタケホウキタケ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone