コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クリーブランド美術館 クリーブランドびじゅつかんCleveland Museum of Art, Cleveland

3件 の用語解説(クリーブランド美術館の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クリーブランド美術館
クリーブランドびじゅつかん
Cleveland Museum of Art, Cleveland

オハイオ州クリーブランドにある,アメリカの代表的美術館の一つ。 1913年に設立され,16年一般に公開された。 58年アメリカ美術専用の展示場を増設し,71年には M.L.ブロイアー設計の教育センターが完成。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

クリーブランド‐びじゅつかん〔‐ビジユツクワン〕【クリーブランド美術館】

Cleveland Museum of Art》米国オハイオ州クリーブランドにある総合美術館。1913年開館。古代彫刻、西洋近代美術、東洋美術など幅広いコレクションをもつ。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クリーブランド美術館
くりーぶらんどびじゅつかん
Cleveland Museum of Art

東洋美術のコレクションで有名なアメリカの美術館。1912年に設立され、16年オハイオ州エリー湖のほとりに新古典様式の現美術館が開館した。現在4万点以上の作品を所蔵、東洋関係の収集品は世界屈指とされているが、これは第二次世界大戦後日本に滞在し、1958年から83年まで館長であったシャーマン・リーSherman E.Lee(1918― )に多くを負っている。日本美術では天平(てんぴょう)~貞観(じょうがん)期の日光菩薩坐像(ぼさつざぞう)、藤原時代の薬師如来(にょらい)坐像、また『熊野曼荼羅(まんだら)』、相阿弥(そうあみ)の『伝瀟湘(しょうしょう)八景図』などを所蔵する。また西洋美術は古代のシュメール彫刻『グデア像』からピカソ作『生』など、現代に至る美術、工芸を網羅する。ドイツのブラウンシュワイク大聖堂からもたらされた8世紀にさかのぼる「ゲルフの宝物」を含む中世美術のコレクションでも、世界有数の美術館として知られている。[湊 典子・吉川節子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

クリーブランド美術館の関連情報