コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熊野曼荼羅 くまのまんだら

5件 の用語解説(熊野曼荼羅の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

熊野曼荼羅
くまのまんだら

本宮,速玉,那智の熊野三山の信仰に関する垂迹画の一つ。熊野三山の景観を中心に垂迹神,本地仏を描くもの,仏教における曼荼羅の形をそのまま借用したもの,参詣曼荼羅などがある。熊野信仰平安時代,特に院政期に最盛期を迎え,絵画化が行われたと思われるが,遺品は鎌倉時代以降のものが多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

くまのまんだら【熊野曼荼羅】

本宮,新宮,那智の熊野三山の神仏や社殿を描いた垂迹(すいじやく)画。春日曼荼羅などと同様に,宮曼荼羅本地仏曼荼羅,垂迹神曼荼羅などの形式がある。平安時代も院政期になると,上皇や貴族の熊野詣が盛んになり,熊野の地自体が観音の補陀落(ふだらく)浄土であるという考えも生まれた。また熊野十二所の祭神も権現としてそれぞれの本地仏が定められるようになる。《長秋記》長承3年(1134)2月1日条には,本宮の本地仏は阿弥陀で垂迹神は法体,新宮は薬師で俗体,那智は千手観音で女体など,十二所すべてにわたって記述されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

熊野曼荼羅
くまのまんだら

熊野信仰にまつわる神仏習合曼荼羅の一種。この対は吉野曼荼羅。熊野三山(和歌山県東牟婁(ひがしむろ)郡)、すなわち熊野坐神(にますかみ)(本宮)、熊野速玉大神(はやたまおおかみ)(新宮)、熊野夫須美大神(ふすみのおおかみ)(那智(なち))の主祭神(熊野三所権現(さんしょごんげん))を含めた十三所権現(滝宮を除いて十二所権現の場合もある)の本地仏や社殿の景色などを組み合わせた曼荼羅。構図などにより次の3系統に分けられる。
(1)本地仏曼荼羅 胎蔵界中台八葉院形式の高山寺(こうざんじ)本や竜泉院本、上下の社殿に本地仏などを配した熊野那智神社本、西教寺(さいきょうじ)本、湯神(ゆの)神社本、静嘉堂(せいかどう)本がある。
(2)宮曼荼羅 自然景と三所権現を遠望した聖護院(しょうごいん)本など。
(3)社参曼荼羅 熊野参詣(さんけい)の景観図および那智滝図(国宝)がある。[真鍋俊照]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

熊野曼荼羅の関連情報