クルジュ

  • Cluj

百科事典マイペディアの解説

ルーマニア北西部,トランシルバニア地方の中心都市。現在の正称はクルジュ・ナポカCluj-Napoca。ドイツ名はクラウゼンブルクKlausenburg,ハンガリー名はコロジュバール。ソメシュ川沿いにある農業地帯の中心で,皮革・機械・化学・製薬・食品工業が行われる。近郊には天然ガス鉱脈がある。観光地としても知られる。総合大学(1872年創立),医大,美術大,オペラハウスがある。ローマダキア支配期にはナポカと呼ばれ,12世紀以降ドイツ移民が入植,1405年に自由市となった。第2次大戦中はハンガリー領で,現在でもハンガリー人が多い。32万5000人(2011)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ルーマニアのトランシルバニア地方の中心的都市で,同名県の県都。人口32万6000(1994)。現在の正式名称はクルジュ・ナポカCluj‐Napoca。ハンガリー名はコロジュバールKolozsvár,ドイツ名はクラウゼンブルクKlausenburg。ソメシュ川の流域に位置し,西方にはアプセニ山脈をひかえ,東方はトランシルバニア台地に通じ,古来軍事・交通の要衝であった。市の中央の自由広場には,大貴族に対抗して同市の自治を認めたハンガリー王マーチャーシュ1世の銅像がたち,その後方には完成までに1世紀半(1350‐1487)を要したゴシック様式の聖ミハーイ・カトリック教会がそびえている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android