コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クルミ(胡桃) クルミJuglans; walnut

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クルミ(胡桃)
クルミ
Juglans; walnut

クルミ科クルミ属の総称であるが,食用に栽培されるオニグルミテウチグルミを単にクルミと呼ぶこともある。オニグルミ J. ailanthifoliaは日本に広く野生し,また栽培される落葉高木で,高さ 20m,直径 1mぐらいになる。葉は大型の羽状複葉。雌雄同株で花は5月頃若葉と同時に開く。秋,直径 3cmぐらいの核果を結ぶ。核果は非常に堅く深い皺があり,内部に薄い皮に包まれた白色の種子がある。子葉は多量の蛋白質と脂肪分を含み,そのまま食べたりまたは料理や菓子の材料にする。材は狂いが少いので家具や器具材として用いられる。西アジアから中国に原産するテウチグルミ (ペルシアグルミ) J. regiaは核の殻が薄く容易に割れるので菓子用や食用ナッツとして需要が多く,長野県の小諸市周辺などでかなりの規模で栽培されている。カシグルミともいう。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

クルミ【クルミ(胡桃) walnut】

種子が食用にされるクルミ科クルミ属の数種の植物の総称。園芸上は堅果(殻果)類に分類される落葉果樹。日本の山野に自生しているクルミにはオニグルミJ.sieboldiana Maxim.(イラスト,イラスト)とヒメグルミJ.subcordiformis Dode(イラスト)とがある。栽培種には,ペルシア,カフカス地方の原産で明治初年にアメリカから導入されたペルシアグルミJ.regia L.と,古い時代に中国から朝鮮半島を経て渡来したテウチグルミJ.regia L.var.orientalis Kitamura(イラスト)とがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のクルミ(胡桃)の言及

【毛染】より

…古代ギリシア・ローマではブロンドの髪が好まれ,羊の脂とブナの木の灰を混ぜた〈サポ〉をすり込み,洗い落としたあと,太陽にさらして金髪になるのを待ったという。黒や褐色に染めるためには,古くからヘンナの葉,カミツレの花,クルミの殻,ビンロウジュの実などが用いられていた。なかでもヘンナは単独では刺激は少ないが,赤みがかった褐色に染まるので,他の植物や金属塩と併用していろいろな色調を出すのに広く使われていた。…

※「クルミ(胡桃)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

クルミ(胡桃)の関連キーワードペルシアグルミ核果

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クルミ(胡桃)の関連情報