コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロムミョウバン クロムミョウバン chromium alum

2件 の用語解説(クロムミョウバンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クロムミョウバン
クロムミョウバン
chromium alum

クロムを含むミョウバン。一般式 MCr(SO4)2・12H2O で表わされる。Mはナトリウムカリウムアンモニウムなどを表わす。カリウム塩は赤紫色,正八面体の結晶で,最も一般的である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クロムミョウバン
くろむみょうばん
chrome alum

3価の金属イオンとしてクロム()を含むミョウバンで、一般式MCr(SO4)212H2Oで表される。1価陽イオンMとしては、カリウム、ナトリウム、ルビジウム、セシウム、タリウム、アンモニウムなどがある。単にクロムミョウバンというときにはカリウム塩CrK(SO4)212H2O(ビス(硫酸)クロムカリウム十二水和物)をいう。紫赤色正八面体の結晶で、カリウム塩は25℃の水100グラムに24.4グラム溶ける。媒染剤あるいは製革に利用される。[岩本振武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クロムミョウバンの関連キーワードアンモニウムミョウバンクロム鞣クロム明礬アンモニウム明礬カリウムクロム明礬みょうばんクロムミョウバン(明礬)擬ミョウバン(擬明礬)アンモニウムクロムミョウバンカリウムクロムミョウバン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone