コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロムメリン Andrew Claude de La Cherois Crommelin

1件 の用語解説(クロムメリンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

クロムメリン【Andrew Claude de La Cherois Crommelin】

1865‐1939
イギリス天文学者。1886年ケンブリッジ大学を卒業し,91年にグリニジ天文台に職を得,その後1927年に退職するまでの36年間,同所において経緯儀による月の位置観測を手始めに,赤道儀による星のえんぺいやすい星の位置観測を続けた。その後は小惑星やすい星の軌道計算や位置推算にも従事して,やがて新発見天体の軌道の決定や予報位置の計算者として著名になった。1907‐08年にはカウエルP.H.Cowellに協力してハレーすい星の回帰運動を前240年にまでさかのぼって追跡して古代の観測記録と対応させ,また1910年の回帰について計算した予報位置は,実際の近日点通過の日時より3日早かったにすぎない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

クロムメリンの関連キーワードイギリス経験論位置天文学ヒッパルコスブランデンイギリスオランダ戦争英国イギリス巻テンペルタットル彗星イギリス組曲イギリス鞍 (English saddle)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone