コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クワエダシャク(桑枝尺) クワエダシャクMenophra atrilineata

世界大百科事典 第2版の解説

クワエダシャク【クワエダシャク(桑枝尺) Menophra atrilineata】

鱗翅目シャクガ科の昆虫(イラスト)。幼虫クワの害虫としてよく知られている。十分成長した幼虫は7cmくらいに達し,これがクワの幹や枝に腹脚でつかまり,一直線の姿勢で静止していると,クワの枯枝にそっくり似ている。昔,クワ畑で手入作業や葉の収穫をするとき,土瓶に入れたお茶を持ち込み,枝とまちがえて土瓶のつるを掛けると,土瓶が落ちてしまうところから,このシャクトリムシドビンワリと呼んでいた。年2回の発生で,落葉や木の隙間で幼虫の状態で越冬する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android