コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クーズー クーズー kudu

翻訳|kudu

4件 の用語解説(クーズーの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

クーズー(kudu)

ウシ科の哺乳類で、レイヨウの一種。アフリカに分布。頭胴長1.9~2.5メートル。やや小形のものにレッサークーズーがある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

クーズー【kudu】

偶蹄目ウシ科の哺乳類。ダイクーズー(英名greater kudu)ともいう。角がコルクの栓抜き状に大きくねじれた大型のレイヨウ。チャドエチオピアから南アフリカまでのサバンナにすむ。体長185~245cm,尾長30~55cm,肩高120~150cm,体重180~315kg。雄が雌より大きい。角は雄にだけあり長さ180cmに達する。背筋に沿い高さ10cmほどの毛冠があるほか,雄にはのどと首の下面に長毛の房がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クーズー
クーズー

レッサークーズー」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クーズー
くーずー
kudu
[学]Tragelaphus strepsiceros

哺乳(ほにゅう)綱偶蹄(ぐうてい)目ウシ科の動物。グレータークーズーともいう。スーダンからアフリカ南部に分布し、サバンナにある明るい森や低木林にすむ。イランドに次ぐ大形のアンテロープ(レイヨウ)で、肩高1.3~1.6メートル、体重180~315キログラムに達する。角(つの)は雄だけにあり、長さ1.2メートルほどでコルク栓抜き状にねじれる。体は青灰色ないし赤褐色で、胴には白色の横縞(よこじま)がある。4、5頭の小群あるいは家族群で生活し、おもに木の芽や葉を食べる。妊娠期間は7~8か月で、雨期の前に1子を産む。肩高1メートルほどと小形のレッサークーズーT. imberbisがケニアとソマリアの荒れ地や茂みに生息する。習性などはクーズーに似る。[今泉忠明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クーズーの関連キーワードヌーバイソンコープレイ山羊ウシ(牛)ヤギュウ(野牛)クープレーグリスボックプークーローンアンテロープ

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

クーズーの関連情報