コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クーズー kudu

翻訳|kudu

デジタル大辞泉の解説

クーズー(kudu)

ウシ科の哺乳類で、レイヨウの一種。アフリカに分布。頭胴長1.9~2.5メートル。やや小形のものにレッサークーズーがある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

クーズー【kudu】

偶蹄目ウシ科の哺乳類。ダイクーズー(英名greater kudu)ともいう。角がコルクの栓抜き状に大きくねじれた大型のレイヨウ。チャド,エチオピアから南アフリカまでのサバンナにすむ。体長185~245cm,尾長30~55cm,肩高120~150cm,体重180~315kg。雄が雌より大きい。角は雄にだけあり長さ180cmに達する。背筋に沿い高さ10cmほどの毛冠があるほか,雄にはのどと首の下面に長毛の房がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クーズー

レッサークーズー」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クーズー
くーずー
kudu
[学]Tragelaphus strepsiceros

哺乳(ほにゅう)綱偶蹄(ぐうてい)目ウシ科の動物。グレータークーズーともいう。スーダンからアフリカ南部に分布し、サバンナにある明るい森や低木林にすむ。イランドに次ぐ大形のアンテロープ(レイヨウ)で、肩高1.3~1.6メートル、体重180~315キログラムに達する。角(つの)は雄だけにあり、長さ1.2メートルほどでコルク栓抜き状にねじれる。体は青灰色ないし赤褐色で、胴には白色の横縞(よこじま)がある。4、5頭の小群あるいは家族群で生活し、おもに木の芽や葉を食べる。妊娠期間は7~8か月で、雨期の前に1子を産む。肩高1メートルほどと小形のレッサークーズーT. imberbisがケニアとソマリアの荒れ地や茂みに生息する。習性などはクーズーに似る。[今泉忠明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

クーズーの関連キーワードウガンダヒョウ

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android