コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グアルネリ

3件 の用語解説(グアルネリの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

グアルネリ

イタリア,クレモナバイオリン製作者の一族。ガルネリとも。ラベルにはグアルネリウスGuarneriusと記される。アンドレア〔1626ころ-1698〕はニコラアマーティアマーティ)に学んだ。
→関連項目クレモナバイオリン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

グアルネリ【Guarneri】

イタリアのクレモナで活躍したバイオリン製作者の一族。ラベルにはグアルネリウスGuarneriusと記す。始祖アンドレアAndrea(1626ころ‐98)はニコラ・アマーティに学んだ。息子のうち,後にマントバに住んだピエトロジョバンニPietro Giovanni(1655‐1720)とジュゼッペ・ジョバンニ・バッティスタGiuseppe Giovanni Battista(1666‐1740ころ)が後を継いだ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グアルネリ
ぐあるねり
Guarneri

イタリアのバイオリン製作者一族。クレモナに生まれ、そこでニコラ・アマーティに学んだアンドレアAndrea G.(1626ころ―98)を始祖とし、代々クレモナに工房を構えた。アンドレアの息子のうち、ピエトロ・ジョバンニPietro Giovanni G.(1655―1720)はマントバの宮廷で働き、弟のジュゼッペ・ジョバンニ・バッティスタGiuseppe Giovanni Battista G.(1666―1740ころ)は父親の工房を継いだ。後者の息子のうち、ピエトロPietro G.(1695―1762)はベネチアで活躍、その弟のジュゼッペGiuseppe G.(1698―1744)は一族最大の製作者となった。「デル・ジェズ」として知られるジュゼッペの楽器は、ストラディバリのものと並び称され、パガニーニが使用しただけでなく、20世紀の名バイオリン奏者たちの多くが愛好した。なお、彼らの製品のラベルにはGuarnerius(グアルネリウス)と記されている。[今谷和徳]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

グアルネリの関連キーワードクレモナストラディバリタルティーニパガニーニイタリアン隠れもないクレモナ大聖堂世界のバイオリン製造庄司紗矢香菊田浩

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

グアルネリの関連情報