グアルネリ

百科事典マイペディアの解説

グアルネリ

イタリア,クレモナバイオリン製作者の一族。ガルネリとも。ラベルにはグアルネリウスGuarneriusと記される。アンドレア〔1626ころ-1698〕はニコラ・アマーティアマーティ)に学んだ。一族の5番目にあたる有名なジュゼッペ・アントニオ〔1698-1744〕は,A.ストラディバリに匹敵する作品を残し,パガニーニもその名器を愛用した。JHS(イエス)と記名したため,デル・ジェズとも呼ばれる。
→関連項目クレモナバイオリン

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

グアルネリ【Guarneri】

イタリアのクレモナで活躍したバイオリン製作者の一族。ラベルにはグアルネリウスGuarneriusと記す。始祖アンドレアAndrea(1626ころ‐98)はニコラ・アマーティに学んだ。息子のうち,後にマントバに住んだピエトロ・ジョバンニPietro Giovanni(1655‐1720)とジュゼッペ・ジョバンニ・バッティスタGiuseppe Giovanni Battista(1666‐1740ころ)が後を継いだ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グアルネリ
ぐあるねり
Guarneri

イタリアのバイオリン製作者一族。クレモナに生まれ、そこでニコラ・アマーティに学んだアンドレアAndrea G.(1626ころ―98)を始祖とし、代々クレモナに工房を構えた。アンドレアの息子のうち、ピエトロ・ジョバンニPietro Giovanni G.(1655―1720)はマントバの宮廷で働き、弟のジュゼッペ・ジョバンニ・バッティスタGiuseppe Giovanni Battista G.(1666―1740ころ)は父親の工房を継いだ。後者の息子のうち、ピエトロPietro G.(1695―1762)はベネチアで活躍、その弟のジュゼッペGiuseppe G.(1698―1744)は一族最大の製作者となった。「デル・ジェズ」として知られるジュゼッペの楽器は、ストラディバリのものと並び称され、パガニーニが使用しただけでなく、20世紀の名バイオリン奏者たちの多くが愛好した。なお、彼らの製品のラベルにはGuarnerius(グアルネリウス)と記されている。[今谷和徳]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android