コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グエン・カーン グエン・カーン Nguyên Khanh

2件 の用語解説(グエン・カーンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グエン・カーン
グエン・カーン
Nguyên Khanh

[生]1927
ベトナムの軍人,政治家。ベトナム北部の出身で,1954年のジュネーブ休戦会議後,サイゴン政府軍の副参謀長となった。中堅将校を中心とするズオン・バン・ミン一派よりも親米的な若手将校グループの筆頭格で,64年1月のクーデター後,アメリカの助言に基づき国民評議会を頂点とする文民政府を組織し,首相兼軍事革命委員会議長に就任。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

20世紀西洋人名事典の解説

グエン・カーン
Nguyen Khang


1927.11 -
ベトナムの政治家。
元・南ベトナム第3軍管区司令官。
ビンビン生まれ。
米、仏に留学。陸軍士官学校卒業。落下傘部隊将校をつとめる。1963年11月のクーデターには参加せず、’64年1月第一軍団司令官としてクーデターに成功。首相兼革命委員会議長。同年8月暫定憲法を制定。トンキン湾事件後、非常事態を宣言、大統領兼国軍総司令官となるが、民衆の反対で10日で辞任。’65年2月のクーデターで追放され、移動大使をつとめた後、フランスに移住。

出典|日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)
(C) 1995 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

グエン・カーンの関連キーワードベトコンホーチミン市南ベトナム解放民族戦線西沙諸島クチトンネルベトナム復員軍人記念碑ベトナム共和国日本ベトナム間賠償借款協定川本邦衛グエン・バン・ティエウ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone