コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グスマン・ブランコ グスマン・ブランコGuzman Blanco, Antonio

2件 の用語解説(グスマン・ブランコの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グスマン・ブランコ
グスマン・ブランコ
Guzman Blanco, Antonio

[生]1829.2.29. カラカス
[没]1899.7.20. パリ
ベネズエラの軍人,政治家。大統領 (在任 1870~88) 。 1870年クーデターにより政権を掌握し,以後 88年まで大統領をつとめる。独裁政治を行なったが,経済開発,貿易の振興,教育の普及にすぐれた業績を残した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グスマン・ブランコ
ぐすまんぶらんこ
Antonio Guzmn Blanco
(1829―1899)

ベネズエラの政治家。同国自由党の創設者レオカディオ・グスマンを父にもち、思想的影響を受けた。モナガス大統領時代に駐米領事となったが、同政権の失脚に伴い父とともに国外に亡命し、ファルコン将軍の率いる連邦主義運動に身を投じた。1863年、ファルコン政権樹立により副大統領として対英借款を締結させ、鉄道を敷くなど外資提携を促進させた。70年より新政党を結成し、73年から88年まで3期15年間にわたり大統領を務め、国内経済の安定に寄与した。カトリック教会の政治的影響力を引き下げ、国家の近代化に着手するなど進歩的な政策をとる反面、権力欲の強い専制政治家であった。晩年は政治に疲れパリで没した。[寿里順平]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

グスマン・ブランコの関連キーワード鶴屋南北俚言集覧盆栽天満屋Jアダムズ伊沢蘭軒海上胤平瓜生岩エギナ島

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone