コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グスマン・ブランコ グスマン・ブランコ Guzman Blanco, Antonio

2件 の用語解説(グスマン・ブランコの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グスマン・ブランコ
グスマン・ブランコ
Guzman Blanco, Antonio

[生]1829.2.29. カラカス
[没]1899.7.20. パリ
ベネズエラの軍人,政治家。大統領 (在任 1870~88) 。 1870年クーデターにより政権を掌握し,以後 88年まで大統領をつとめる。独裁政治を行なったが,経済開発,貿易の振興,教育の普及にすぐれた業績を残した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グスマン・ブランコ
ぐすまんぶらんこ
Antonio Guzmn Blanco
(1829―1899)

ベネズエラの政治家。同国自由党の創設者レオカディオ・グスマンを父にもち、思想的影響を受けた。モナガス大統領時代に駐米領事となったが、同政権の失脚に伴い父とともに国外に亡命し、ファルコン将軍の率いる連邦主義運動に身を投じた。1863年、ファルコン政権樹立により副大統領として対英借款を締結させ、鉄道を敷くなど外資提携を促進させた。70年より新政党を結成し、73年から88年まで3期15年間にわたり大統領を務め、国内経済の安定に寄与した。カトリック教会の政治的影響力を引き下げ、国家の近代化に着手するなど進歩的な政策をとる反面、権力欲の強い専制政治家であった。晩年は政治に疲れパリで没した。[寿里順平]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

グスマン・ブランコの関連キーワード怒らかす誑かす疲らかす尖らかす放らかす光らかす回らかす遣らかすせびらか・す膨らかす

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone