グラトコフ(英語表記)Gladkov, Fëdor Vasil'evich

  • 1883―1958
  • Fyodor Vasil'evich Gladkov
  • Фёдор Васильевич Гладков Fyodor Vasil'evich Gladkov

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

[生]1883.6.21. サラトフ,チェルナフカ
[没]1958.12.20. モスクワ
ソ連の小説家。若くして M.ゴーリキーの影響を受け,品を書くかたわら革命運動に参加して,1906年には逮捕され,獄中生活をおくった。国内戦当時は『赤い黒海』 Krasnoe Chernomor'e紙の編集者として活躍,再びゴーリキーのすすめで創作活動に専念し,25年に革命後のソビエト・リアリズム文学の典型的作品といわれる『セメント』 Tsementを発表,一躍名声を獲得。ほかにドニエプル水力発電所の建設をテーマにした『エネルギー』 Energiya (1932~38) ,自伝的3部作『幼年時代の物語』 Povest' o detstve (49) ,『自由の民』 Vol'nitsa (50) ,『凶年』 Likhaya godina (54) などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

1883~1958 ソ連の小説家。工場再建闘争と新しい労働者の形象を描く長編「セメント」はプロレタリア文学の古典の一。他に「エネルギー」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ソ連の小説家。少年時代、放浪生活を送ったあと、シベリアで教師となり、革命運動に参加して逮捕、流刑。革命後、ゴーリキーに認められ、作家活動に入る。「鍛冶(かじ)屋」グループのメンバーとしてプロレタリア文学運動に加わり、新しい労働者の工場復興闘争を描いた『セメント』(1925)、ドニエプル水力発電所の建設を描く『エネルギー』(1932~38)などの作品を書いた。[水野忠夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

(Fjodor Vasil'jevič Gladkov フョードル=ワシリエビチ━) ソ連の作家。革命運動参加後、創作活動に専念。代表作は「セメント」「エネルギー」「自由の民」など。(一八八三‐一九五八

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android