コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グラトコフ グラトコフ Gladkov, Fëdor Vasil'evich

4件 の用語解説(グラトコフの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グラトコフ
グラトコフ
Gladkov, Fëdor Vasil'evich

[生]1883.6.21. サラトフ,チェルナフカ
[没]1958.12.20. モスクワ
ソ連の小説家。若くして M.ゴーリキーの影響を受け,作品を書くかたわら革命運動に参加して,1906年には逮捕され,獄中生活をおくった。国内戦当時は『赤い黒海』 Krasnoe Chernomor'e紙の編集者として活躍,再びゴーリキーのすすめで創作活動に専念し,25年に革命後のソビエトリアリズム文学の典型的作品といわれる『セメント』 Tsementを発表,一躍名声を獲得。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

グラトコフ(Fyodor Vasil'evich Gladkov)

[1883~1958]ソ連の小説家。社会主義建設を写実的に描いた。作「セメント」「エネルギー」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

グラトコフ【Fyodor Vasil'evich Gladkov】

1883~1958) ソ連の小説家。工場再建闘争と新しい労働者の形象を描く長編「セメント」はプロレタリア文学の古典の一。他に「エネルギー」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グラトコフ
ぐらとこふ
Фёдор Васильевич Гладков Fyodor Vasil'evich Gladkov
(1883―1958)

ソ連の小説家。少年時代、放浪生活を送ったあと、シベリアで教師となり、革命運動に参加して逮捕、流刑。革命後、ゴーリキーに認められ、作家活動に入る。「鍛冶(かじ)屋」グループのメンバーとしてプロレタリア文学運動に加わり、新しい労働者の工場復興闘争を描いた『セメント』(1925)、ドニエプル水力発電所の建設を描く『エネルギー』(1932~38)などの作品を書いた。[水野忠夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

グラトコフの関連キーワードサラトガの戦いサラトフささら・ぐСаратовさらめ・くバヤリース さらさらトマトケラトファイアケラトフィライト

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone