コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グラトコフ Gladkov, Fëdor Vasil'evich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グラトコフ
Gladkov, Fëdor Vasil'evich

[生]1883.6.21. サラトフ,チェルナフカ
[没]1958.12.20. モスクワ
ソ連の小説家。若くして M.ゴーリキーの影響を受け,作品を書くかたわら革命運動に参加して,1906年には逮捕され,獄中生活をおくった。国内戦当時は『赤い黒海』 Krasnoe Chernomor'e紙の編集者として活躍,再びゴーリキーのすすめで創作活動に専念し,25年に革命後のソビエト・リアリズム文学の典型的作品といわれる『セメント』 Tsementを発表,一躍名声を獲得。ほかにドニエプル水力発電所の建設をテーマにした『エネルギー』 Energiya (1932~38) ,自伝的3部作『幼年時代の物語』 Povest' o detstve (49) ,『自由の民』 Vol'nitsa (50) ,『凶年』 Likhaya godina (54) などがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

グラトコフ(Fyodor Vasil'evich Gladkov)

[1883~1958]ソ連の小説家。社会主義建設を写実的に描いた。作「セメント」「エネルギー」など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

グラトコフ【Fyodor Vasil'evich Gladkov】

1883~1958) ソ連の小説家。工場再建闘争と新しい労働者の形象を描く長編「セメント」はプロレタリア文学の古典の一。他に「エネルギー」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グラトコフ
ぐらとこふ
Фёдор Васильевич Гладков Fyodor Vasil'evich Gladkov
(1883―1958)

ソ連の小説家。少年時代、放浪生活を送ったあと、シベリアで教師となり、革命運動に参加して逮捕、流刑。革命後、ゴーリキーに認められ、作家活動に入る。「鍛冶(かじ)屋」グループのメンバーとしてプロレタリア文学運動に加わり、新しい労働者の工場復興闘争を描いた『セメント』(1925)、ドニエプル水力発電所の建設を描く『エネルギー』(1932~38)などの作品を書いた。[水野忠夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

グラトコフの関連キーワードプロレタリア文学水野忠夫形象長編

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android