コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グランドキャニオン国立公園

2件 の用語解説(グランドキャニオン国立公園の意味・用語解説を検索)

世界遺産情報の解説

グランドキャニオン国立公園

グランドキャニオン国立公園アメリカアリゾナ州北西部にある国立公園。 面積は4927平方kmで、公園内にはグランド・キャニオンがあります。グランドキャニオン周辺の地域は1908年1月11日に国有記念物になり、1919年2月26日に国立公園となって、1979年に世界遺産に登録されました。グランドキャニオンは600万年間の地質活動とコロラド川による浸食で形成された世界最大の谷。独自の浸食パターン持つ8層の地層が露出しており、最も古い地層は20億年前のものになります。

出典|KNT近畿日本ツーリスト(株)
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グランドキャニオン国立公園
グランドキャニオンこくりつこうえん

グランドキャニオン」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

グランドキャニオン国立公園の関連キーワードキングズキャニオン国立公園グランドキャニオンブライスキャニオン国立公園グランド・キャニオンイェローストーン-グランドキャニオンキャニオンランド国立公園セコイア#amp;キングスキャニオン国立公園マーサーポイントグランド・キャニオン国立公園日本キャニオン

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

グランドキャニオン国立公園の関連情報