グリコシド(英語表記)glycoside

翻訳|glycoside

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グリコシド
glycoside

糖分子がそのヘミアセタール水酸基と他の分子との間で脱水縮合した化合物の総称。この結合をグリコシド結合という。糖と糖とがグリコシド結合したものはホロシドといわれ,少糖類や多糖類がこれにあたる。また糖と糖以外の物質とグリコシド結合したものはヘテロシドといわれる。普通配糖体といわれるものはこれにあたる。グリコシドの糖部分がグルコース,フルクトース,マンノースなどの場合に,グルコシドフルクトシド,マンノシドなどと呼ばれる。グリコシド結合する糖分子の炭素原子の立体配置によって,α-グリコシドとβ-グリコシドの異性体がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

グリコシド

〘名〙 (glycoside) 糖類の水酸基中の半アセタール状水酸基と、各種のアルコール、フェノール、カルボン酸、アルデヒドなどの作用基の間でエーテル型に結合した化合物の総称。天然には植物界に広く存在。配糖体。
※風俗画報‐三三八号(1906)飲食門「は〈略〉アルカロイド又はグリコシード類似の成分を検出したるものなきを以て」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

化学辞典 第2版の解説

グリコシド
グリコシド
glycoside

[同義異語]配糖体

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

ポスティングシステム

《「入札制度」の意》日本の球団に所属するプロ野球選手が、米国メジャーリーグへ移籍するための制度の一。所属球団の許可を得た選手のみが対象となる。所属球団は2000万ドルを上限に譲渡金を設定し、獲得を望む...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android