コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グリッド航法 グリッドこうほう

百科事典マイペディアの解説

グリッド航法【グリッドこうほう】

地球の南・北緯70°以上の両極地付近の飛行のために開発された航法。緯度・経度を使わず,平行線のグリッドを設定した地図を使うのでこう呼ばれる。この地域では地磁気の偏差が大きく,水平分力が小さいため,磁気コンパスが使用できないことから考案された航法だが,現在では慣性航法に取って代わられた。
→関連項目航法

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

グリッドこうほう【グリッド航法 grid navigation】

磁気コンパスを利用できない高緯度地域,とくに北極圏を飛行するために開発された特殊航法。北極点で直角に交わる2本の子午線(グリニジを通る0゜から180゜への子午線と,東経90゜から西経90゜への子午線)それぞれに平行の格子(グリッド)状の線を仮定し,航空図を作り(図参照),グリニジ子午線が0゜から180゜へ向かう方向を北としてこれをグリッドノースと呼ぶ。北極圏では,子午線が収束しているため真の方位を求めるのには困難があるが,ジャイロコンパスを利用して飛行経路のグリッドノースを基準とした方位(グリッド方位)は容易に求めることができる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報