コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グリーナウェー

百科事典マイペディアの解説

グリーナウェー

英国の女性絵本作家。ロンドン生れ。19世紀後半の英国絵本界を代表する。ベストセラーとなった《窓の下で》(1878年)や《ケートの誕生日の本》(1880年)などで子どもの生活を描いた。

グリーナウェー

英国の映画監督。ロンドン生れ。画家を志し,1964年に初個展を開くが,ベルイマンの《第七の封印》を観て映画に転向。1965年より11年間,中央情報局でドキュメンタリーの編集に携わるかたわら,実験映画を制作。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

グリーナウェー【Kate Greenaway】

1846‐1901
イギリスの絵本作家。父は有名な彩色木版製作者エバンズE.Evansと親しい木版作家だった。10代で早くも画才を発揮し,自作の絵と文章で構成した愛らしい絵本《窓の下で》(1878)をエバンズの製作で刊行,初版10万部を売りつくすベストセラーとなった。彼女の彩色挿絵に描かれる少女たちは,フリルとリボンに飾られた服とボンネットを着けていたため,この18世紀末の上品な子ども服が彼女の絵本とともに大流行したという。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

グリーナウェーの関連キーワードウィリアム ストッブスクエンティン ブレイクウォルター ホッジスウィリアム パパスシェークスピア安野光雅ラッカム

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android