コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グレーグ グレーグ Gregh, Fernand

2件 の用語解説(グレーグの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グレーグ
グレーグ
Gregh, Fernand

[生]1873.10.14. パリ
[没]1960.1.5. パリ
フランスの詩人。パリ大学卒業後,詩集『幼時の家』 Maison de l'enfance (1896) でアカデミー文学大賞受賞。以後,多くの詩集を発表。定型詩とともに自由詩も書き,哀調を帯びた作品が多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グレーグ
ぐれーぐ
Fernand Gregh
(1873―1960)

フランスの詩人。『幼時の家』(1896)でデビューしたのち、1902年ユマニスムへの回帰を説く宣言を『フィガロ』紙に発表、象徴主義からの脱却を図った。『人間の光』(1904)、『永遠の鎖』(1910)、『苦悩の冠』(1917)、『心の栄光』(1937)など多産な詩人であった。53年アカデミー会員。高校時代プルーストとともに同人誌を出しており、『黄金時代』(1947)以下3巻の回想録も興味深いユゴー研究の大著も遺した。[岩崎 力]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

グレーグの関連キーワード徳川久子Nエヌパリジェンヌパリ祭パリマラソンパリンちゃんヘパラン硫酸Diaz de la Peña,N.ペリパリオ,N.

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

グレーグの関連情報