コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グレーグ Gregh, Fernand

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グレーグ
Gregh, Fernand

[生]1873.10.14. パリ
[没]1960.1.5. パリ
フランスの詩人。パリ大学卒業後,詩集『幼時の家』 Maison de l'enfance (1896) でアカデミー文学大賞受賞。以後,多くの詩集を発表。定型詩とともに自由詩も書き,哀調を帯びた作品が多い。また,1902年に過度の象徴主義と技巧を排して自然に帰るべきことを説いたユマニスムを宣言。詩集『人類の光明』 Les Clartés humaines (1904) ,『人生の彩り』 Couleur de la vie (27) ,回想録『黄金時代』L'Age d'or (47) ,戯曲『眠れる森の美女』 La Belle au bois dormant (50) ,評伝『ビクトル・ユゴー』 Victor Hugo (54) など。アカデミー・フランセーズ会員 (53) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グレーグ
ぐれーぐ
Fernand Gregh
(1873―1960)

フランスの詩人。『幼時の家』(1896)でデビューしたのち、1902年ユマニスムへの回帰を説く宣言を『フィガロ』紙に発表、象徴主義からの脱却を図った。『人間の光』(1904)、『永遠の鎖』(1910)、『苦悩の冠』(1917)、『心の栄光』(1937)など多産な詩人であった。53年アカデミー会員。高校時代プルーストとともに同人誌を出しており、『黄金時代』(1947)以下3巻の回想録も興味深い。ユゴー研究の大著も遺した。[岩崎 力]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

グレーグの関連キーワードロマンチック街道硫化鉱物硫化鉄鉱岩崎

今日のキーワード

シンデレラ体重

女性の理想的な体重の指標の一つで、BMIなどと同様、計算式にあてはめて割り出す。もともとは大手エステサロンが女性の理想的な体重として20年以上前に考案した指標で、当時の計算式は「身長(メートル)×身長...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android