コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グレーバー グレーバーGröber, Konrad

4件 の用語解説(グレーバーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グレーバー
グレーバー
Gröber, Konrad

[生]1872.4.1. メスキルヒ
[没]1948.2.14. フライブルク
ドイツ大司教ローマのゲルマニクム校に学び 1897年カトリック司祭,コンスタンツの主任司祭,マイセン司教を経て時代に合致した教会の福祉活動に大きな関心を払うとともに,1932年以来ドイツ,フライブルクの大司教。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

グレーバー
グレーバー
graver

フランス語でビュラン burinともいう。後期旧石器~中石器時代に発達した彫刻用の道具。細長い石の一端に打撃を加え,鑿 (のみ) の役をするようにつくってある。石刃,剥片などが用いられ,木や骨に溝を彫ったりするのに使われたと考えられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

グレーバー【graver】

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のグレーバーの言及

【石器】より

…ナイフ形石器は鋭い縁と先端をもつ,切る・削る道具であるが,その特徴から遺跡名のつけられた杉久保型,茂呂型,国府型ナイフがある。彫器(グレーバー)は木,骨角などの加工,彫刻,線刻彫などに使われる道具で,神山型,荒屋型グレーバーがある。一般に切る,削る,裂くのはスクレーパー(削器)の役割である。…

※「グレーバー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

グレーバーの関連キーワード富岡製糸場竹本長十郎マレー吉沢検校(2代)ダヴィデゴンブルサ事件清水喜助アルルの女小樽(市)果樹園芸

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

グレーバーの関連情報