コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グレーバー グレーバー Gröber, Konrad

4件 の用語解説(グレーバーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グレーバー
グレーバー
Gröber, Konrad

[生]1872.4.1. メスキルヒ
[没]1948.2.14. フライブルク
ドイツ大司教ローマのゲルマニクム校に学び 1897年カトリック司祭,コンスタンツの主任司祭,マイセン司教を経て時代に合致した教会の福祉活動に大きな関心を払うとともに,1932年以来ドイツ,フライブルクの大司教。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

グレーバー
グレーバー
graver

フランス語でビュラン burinともいう。後期旧石器~中石器時代に発達した彫刻用の道具。細長い石の一端に打撃を加え,鑿 (のみ) の役をするようにつくってある。石刃,剥片などが用いられ,木や骨に溝を彫ったりするのに使われたと考えられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

グレーバー(graver)

先がとがった鋼鉄の彫刀。主に鋼銅(はがねどう)の彫版に用いる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

グレーバー【graver】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のグレーバーの言及

【石器】より

…ナイフ形石器は鋭い縁と先端をもつ,切る・削る道具であるが,その特徴から遺跡名のつけられた杉久保型,茂呂型,国府型ナイフがある。彫器(グレーバー)は木,骨角などの加工,彫刻,線刻彫などに使われる道具で,神山型,荒屋型グレーバーがある。一般に切る,削る,裂くのはスクレーパー(削器)の役割である。…

※「グレーバー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

グレーバーの関連キーワードアルキル基キルヒホッフ三角数スキルス性胃癌メスチゾスキル学習白樺湖ロイヤルヒルスキー場チルヒアンセリンキルヒホッフの法則(電気)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

グレーバーの関連情報