コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グロリオサ グロリオサ Gloriosa; climbing lily; creeping lily; gloriosa lily

3件 の用語解説(グロリオサの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グロリオサ
グロリオサ
Gloriosa; climbing lily; creeping lily; gloriosa lily

ユリ科グロリオサ属の総称。アフリカと熱帯アジアに5種が分布する。葉は柄がなく対生または3輪生。葉の先端部が糸状に伸びて,巻きひげのように周囲にからみつく性質がある。花は6花被片が開花とともにそり返り,おしべも6本。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

グロリオサ

アフリカ〜アジアの熱帯地域に原産するユリ科の半つる性植物で,数種がある。葉は対生また3輪生し,葉先が巻きひげ状になることが多い。花は分枝した枝先に下向きに単生する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

グロリオサ【Gloriosa】

アフリカ,アジアの熱帯域に数種が分布するユリ科のつる性植物で,観賞用に栽植される。キツネユリともいう。属名はgloriosus(りっぱ)という意味のラテン語よりつけられた。茎は細く上部では分枝し数mに達する。葉はユリ状だが先が伸びて巻きひげになり,他物にからむ。花はシクラメンのように花弁が反転し,水揚げがよいので切花にされる。また,つる性なので大鉢で行灯作りに仕立てる。おもな種にインドやアフリカ産のグロリオサ・スペルバG.superba L.(花は黄色に紅色),アフリカ産のグロリオサ・ロスチャイルディアナG.rothschildiana O’Brien(橙紅色)(イラスト)やグロリオサ・シンプレクスG.simplex L.(一名プランティ,橙紅色)などがあり,これらの種間雑種も育成されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

グロリオサの関連キーワードカグラコウモリコブラアジアアフリカ会議アフリカ舞舞軍隊蟻コンロンカ(崑崙花)ハゲコウ(禿鸛)ヒキガエル(蟇∥蟾蜍)マメゾウムシ(豆象虫)野生稲

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

グロリオサの関連情報