コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グロリオサ Gloriosa; climbing lily; creeping lily; gloriosa lily

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グロリオサ
Gloriosa; climbing lily; creeping lily; gloriosa lily

ユリ科グロリオサ属の総称。アフリカと熱帯アジアに5種が分布する。葉は柄がなく対生または3輪生。葉の先端部が糸状に伸びて,巻きひげのように周囲にからみつく性質がある。花は6花被片が開花とともにそり返り,おしべも6本。子房に対して花柱がほぼ直角に伸び,柱頭は3裂する。英名のクライミング・リリーは,はい上るように伸びる性質による。花形から和名はキツネユリという。最もよく栽培されるのはグロリオサ・ロスチャイルディアナ G.rothschildianaで,長さ約 10cmの花被片が赤色と黄色の複色になる。切り花として人気が高く,鉢植えにも利用される。淡黄色の単色品種である`ルテア'G.superba `Lutea'も切り花で流通する。4~5月頃,有機質を多く含む用土に球根を植付け,よく日の当るところで育てる。秋に葉が黄変したら,球根を掘上げて翌春まで貯蔵する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

グロリオサ

アフリカ〜アジアの熱帯地域に原産するユリ科の半つる性植物で,数種がある。葉は対生また3輪生し,葉先が巻きひげ状になることが多い。花は分枝した枝先に下向きに単生する。花被片は6個で細長く,波打ちながら強く反り返る。鉢植や切花として最も多く栽培されるのはウガンダ原産のグロリオサ・ロスチャイルディアナ。花は長さ7〜8cm,濃赤色であるが基部から縁にかけて濃黄色になる。花被片の波打ちと反転の度合いが強く,花色が黄色で開花につれて上部から赤色に変化するグロリオサ・スペルバも,温室などでよく見られる。実生,分球でふやす。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

グロリオサ【Gloriosa】

アフリカ,アジアの熱帯域に数種が分布するユリ科のつる性植物で,観賞用に栽植される。キツネユリともいう。属名はgloriosus(りっぱ)という意味のラテン語よりつけられた。茎は細く上部では分枝し数mに達する。葉はユリ状だが先が伸びて巻きひげになり,他物にからむ。花はシクラメンのように花弁が反転し,水揚げがよいので切花にされる。また,つる性なので大鉢で行灯作りに仕立てる。おもな種にインドやアフリカ産のグロリオサ・スペルバG.superba L.(花は黄色に紅色),アフリカ産のグロリオサ・ロスチャイルディアナG.rothschildiana O’Brien(橙紅色)(イラスト)やグロリオサ・シンプレクスG.simplex L.(一名プランティ,橙紅色)などがあり,これらの種間雑種も育成されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

グロリオサの関連キーワードリットニアルドベキア高知(市)

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android