コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グールド Gould, Benjamin Apthorp

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グールド
Gould, Benjamin Apthorp

[生]1824.9.27. ボストン
[没]1896.11.26. マサチューセッツ,ケンブリッジ
アメリカの天文学者。ハーバード大学卒業 (1844) 。合衆国沿岸調査委員会の経度部門の責任者 (52) ,オールバニ天文台台長 (55~59) 。 1866年海底電信によりアメリカ,ヨーロッパの2地点での太陽位置の同時観測の結果を比較し,両地点の経度差を決定。 68年アルゼンチンに招かれ,国立コルドバ天文台を創設,初代台長となって南天の星表作成に尽力した (84完成) 。また4等星より明るい恒星が銀河面に対し約 20度傾いた狭い帯 (グールド・ベルト) に沿って分布していることを明らかにし,局部恒星系の構造解明に貢献した (79) 。主著『アルゼンチン天体図』 Uranometria Argentina (79) 。

グールド
Gould, Glenn

[生]1932.9.25. トロント
[没]1982.10.4. トロント
カナダのピアニスト。 A.グェーロにピアノを学び,1955年デビュー。即興演奏にすぐれ,作曲家としても知られる。テンポやデュナーミクなど,まったく新しい現代的解釈を古典に持込んで話題を呼んだ。 64年以降コンサート活動を退いて録音のみに専心。

グールド
Gould, Jay(Jason)

[生]1836.5.27. ニューヨークロックスベリー
[没]1892.12.2. ニューヨーク
アメリカの鉄道事業経営者,金融資本家。地金,株式などの投機で巨利を博した。 1863年サラトガ鉄道の支配人,68年イーリ鉄道の社長。南西部諸州の鉄道に投資してグールド組織をつくり,ウェスタン・ユニオン電信会社,ニューヨーク高架鉄道にも投資した。

グールド
Gould, Stephen Jay

[生]1941.9.10. ニューヨーク,ニューヨーク
[没]2002.5.20. ニューヨーク,ニューヨーク
アメリカ合衆国の古生物学者,進化生物学者,著述家。『ナチュラル・ヒストリー』誌に「生命についての考察」と題するエッセーを 1974年から 2001年まで連載した。1972年ナイルズ・エルドレジとともに断続平衡説を発表。の進化は長く安定した期間と急激な種分化と形態変化を断続的にもたらすと主張,チャールズ・R.ダーウィン以来の進化論に異を唱えた。1963年にアンティオーク大学で地質学学士号を,1967年にコロンビア大学で古生物学博士号を取得。1973年にハーバード大学教授となる。著書に『個体発生と系統発生』Ontogeny and Phylogeny(1977),『パンダの親指』The Panda's Thumb(1980),『人間の測りまちがい』The Mismeasure of Man(1981),"The Structure of Evolutionary Theory"(2002)など多数。1983年全米芸術科学アカデミー会員,1989年全米科学アカデミー会員となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

グールド

カナダのピアノ奏者。生地トロントの王立音楽院を12歳で卒業し,14歳でベートーベン協奏曲を弾いてデビュー。1955年に22歳でデビュー・レコード,バッハの《ゴルトベルク変奏曲》を出し一躍注目を集めた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

グールド【Benjamin Apthorp Gould】

1824‐96
アメリカの天文学者で,地球の経度の決定に業績があった。ハーバード大学を卒業してから,ゲッティンゲンでC.F.ガウスに数学と天文学を学んだ後,アメリカ政府の沿岸測量局の経度部長(1852‐67)として,電気通信によって経度を決定する方法を開発し,ヨーロッパとアメリカの経度差を求めるために用いた。1849年には天文学雑誌《Astronomical Journal》を発刊,また,アルゼンチン共和国の依頼でコルドバ天文台を作り(1862),そこで,7万3160星の赤緯帯星表を作り(1884),3万2448星の子午線観測から一般目録を編纂(へんさん)した。

グールド【Glenn Gould】

1932‐82
カナダのピアニスト。トロント音楽院でピアノを学び,12歳で同音楽院を卒業し,14歳のときにトロント交響楽団とベートーベンのピアノ協奏曲第4番を共演してデビューした。以後カナダの各地でリサイタルを開くかたわら,R.シュトラウスなどの後期ロマン派,シェーンベルクをはじめとする第2次ウィーン楽派の音楽を学んだ。1955年にワシントン演奏会を開き,続いてニューヨークで開いたバッハの《ゴールドベルク変奏曲》の演奏会は,センセーショナルな成功をおさめ,以後ヨーロッパやソ連で華やかな演奏会活動を続けた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

グールド【Gould】

〔Glenn G.〕 (1932~1982) カナダのピアニスト。各声部を明確に際立たせる手法により、バッハ・シェーンベルクなどの解釈に新しい光をあてる。1964年以降演奏会活動を放棄し、スタジオでの、完璧を求めた録音作業に徹した。
〔Stephen Jay G.〕 (1941~2002) アメリカの古生物学者。種は変化のない長期の安定と短期間の急速な分化・変化により進化するとする断続平衡説を発表。著「パンダの親指」ほか。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のグールドの言及

【演奏】より

…同一の演奏を何回も再現できるレコードやテープは,コンサートでは聴きとれないような演奏の細部を拡大するため,演奏家は,1音符のミスもない正確な演奏をめざすようになった。そして20世紀後半に入ると,G.グールドのように,レコード録音でしか完璧な演奏はできないとし,コンサート活動をいっさい行わない演奏家も登場するようになった。また演奏の〈歴史主義〉は,1960年代から〈古楽〉と結びつき,中世やルネサンス時代の古い音楽を,当時の楽器やピッチ(音の高さ)や演奏習慣でそのまま再現することが広く行われるようになった。…

【音楽】より

…テープやレコードの高度な録音技術の発達は,演奏のスタイルも変質させ,演奏家たちの主要な関心は,音楽作品の全体よりもむしろ細部に向けられるようになり,精緻で正確なスタイルが好まれるようになった。ピアニストのG.グールドは,コンサートでは不正確な演奏しか可能でないと明言し,コンサートの形式を拒否して,何度も録音を取り直しながら完璧な演奏を目ざしてレコーディングに専念した。大衆社会の登場とともに出現したレコードは,〈今,ここで〉という音楽行為の一回性を否定し,W.ベンヤミン流に言えば〈アウラaura〉の消滅した新しい複製芸術のあり方を示している。…

※「グールド」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

グールドの関連キーワードチャンドラー(Seth Carlo Chandler)エドワード・E.(Jr.) デービットアッベ(Cleveland Abbe)ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団グールド(Glenn Gould)ミュンヘン・オリンピック競技大会ワッツ(André Watts)グールド(Jay Gould)アルビン・W. ゴールドナーマペットの夢みるハリウッドらしんばん座(羅針盤座)ブルーノ モンサンジョンM★A★S★H マッシュファインディング・ニモリチャード フラナガンS.C. チャンドラーアナトール ウゴルスキフォール・リバー伝説フランソワ ジラールブルック アダムス

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

グールドの関連情報