コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケイロン Cheiron

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケイロン
Cheiron

ギリシア神話の半人半馬の怪物ケンタウロスの一人。クロノスが雄馬の姿をかりてオケアノスの娘フィリュラと交合してもうけた子で,ゼウスらの異母兄弟にあたり,ケンタウロスのなかでは例外的に不死の存在で,賢者として評判が高く,テッサリアのペリオン山中の岩屋に住み,そこでアキレウスイアソンアスクレピオスなどの多くの英雄や神の教育にあたった。しかしヘラクレスがケンタウロスたちと争ったおりに,ケイロンはヘラクレスが射た毒矢によって不治の傷を負い,その苦しみから免れるため,プロメテウスの身代りに不死を放棄し,ハデスに下ったが,結局ゼウスのはからいで天に上げられ,射手座になったという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ケイロン

ギリシア神話のケンタウロス族の一人。ラテン語でキロンChiron。クロノスとフィリュラの子。賢明で医薬に通じ,アスクレピオス,イアソン,アキレウスなど,神々の子や英雄をペリオン山で育てた。
→関連項目アキレウス

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ケイロン【Kheirōn】

ギリシャ神話で、ケンタウロス族の一人。賢明で正しく、医術・音楽・狩りなど諸芸に通じ、アキレウス・イアソンなど多くの英雄たちを養育・教育。ヘラクレスの毒矢に誤って射られ最期を遂げた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ケイロン
けいろん
Cheirn

ギリシア神話に登場する怪物ケンタウロス(半人半馬族)の一人。上半身人間で下半身は馬体という怪物ながら、神クロノスとオケアノスの娘ピリラーの子であるために不死である。しかも学識に優れ、とくに音楽、医術、狩猟、預言術に精通し、神々の子や英雄たち(アスクレピオス、イアソン、アキレウスら)の養育に携わった。彼はまた、ペレウスの命を助けてテティスとの結婚にも力を尽くし、祝いにトネリコの槍(やり)を贈ったという。初めペリオン山に住んでいたが、ラピテス人に追われてペロポネソスに移る途中、アルカディアでヘラクレスと会い、ここで生じた争いでヘラクレスの毒矢を受けた。不死の身ながらその痛みに耐えかねた彼は、その不死をプロメテウスに譲って死んだ。[丹下和彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のケイロンの言及

【ケンタウロス】より

…その後,エリュマントス山の猪狩りに赴く途中の英雄ヘラクレスがエリス地方を通りかかったとき,ささいなことからケンタウロス族との戦いが生じ,多くのケンタウロスどもが生命を落とした。この中には,医神アスクレピオスに医術を授け,アキレウス,イアソンらを養育したことで知られる賢者ケイロンCheirōnも含まれるが,彼は他のケンタウロスどもとは生れを異にし,ゼウスの父神クロノスの子であったとされる。すでにホメロスの叙事詩にも語られているラピタイ族との戦いは,古くから美術作品の好主題であった。…

※「ケイロン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ケイロンの関連キーワードバシレイオス[1世]バシレイオス(1世)カイロン(キローン)いて座(射手座)いて(射手)座ケンタウルス座バシリウス1世アリスタイオスケンタウロス族フォイニクスギリシャ神話マケドニア朝アクタイオンオータコイドパラメデスコロニスキローンいて座最期成長

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android