コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケソン・シティ ケソンシティ

2件 の用語解説(ケソン・シティの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ケソン・シティ

フィリピンの首都マニラの一地区。マニラ市街の北東に接続する。1939年から計画的に建設され始め,1948年正式に首都に定められ,マニラから政府機関が移転を開始した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ケソン・シティ
けそんしてぃ
Quezon City

フィリピン北部、ルソン島中西部、マニラ市の北東に隣接する都市。大マニラ首都圏の一部を構成する。人口217万3831(2000)。1938年から新首都として計画的に建設され、48年から28年間、フィリピンの首都であった。市名は、アメリカ統治下の自治政府フィリピン・コモンウェルスの初代大統領マヌエル・ケソンにちなむ。市の中央にケソン記念碑がそびえ、それを囲んで環状に官庁が集まっている。国立フィリピン大学、アテネオ・デ・マニラ大学や病院、研究所造幣局などの公共機関も多いが、主として中級住宅地が広がっている。1976年に首都の名をマニラに返したが、国民議会議事堂は市の北部にある。マニラ首都圏への人口集中が進むなかで急激な人口増加を示しており、1948年に10万、60年に40万であったが、80年に116万、2000年には217万に及んでいる。クバオが中心商店街である。[高橋 彰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ケソン・シティの関連情報