ケニア山国立公園(読み)ケニアさんこくりつこうえん(英語表記)Mount Kenya National Park

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケニア山国立公園
ケニアさんこくりつこうえん
Mount Kenya National Park

ケニア中部にある国立公園。 1949年設定。面積 715km2ケニア山を中心とする高度 3300m以上の高地。 4300m以上は氷河に覆われ,多くの湖水モレーンがある。山腹は高地草原から森林地帯へと多様で小型哺乳類や鳥類がみられる。 1997年世界遺産の自然遺産に登録。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ケニアさん‐こくりつこうえん〔‐コクリツコウヱン〕【ケニア山国立公園】

Mount Kenya National Park》ケニア中央部の国立公園。ケニア山の標高3350メートル以上の地域を対象とする。コロブスなどの霊長類が生息し、固有な植生が見られる。1997年、周囲の森林保護区とともに「ケニア山国立公園/自然林」の名で世界遺産(自然遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ケニア山国立公園【ケニアさんこくりつこうえん】

ケニアの中央部に位置するケニア山を中心とする国立公園。ケニア山は標高5199mのアフリカ大陸第2の高峰で,赤道直下にありながら山頂部には氷河があり,森林限界上方には高山植物が群生している。広大な山腹には豊かな自然林が広がり,貴重な植物生態系を有している。また国立公園の地域内にはゾウ,バッファローカモシカなどの野生動物も数多く生息している。1997年世界自然遺産に登録。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android