ケララ(英語表記)Kerala

大辞林 第三版の解説

ケララ【Kerala】

インド南西端の州。州都トリバンドラム。マラバール地方ともいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ケララ
けらら
Kerala

インド南西端、アラビア海に面する州。面積3万8863平方キロメートル、人口3183万8619(2001)。人口密度は1平方キロメートル当り819人で、インド25州のなかで西ベンガル州に次いで高い。主要都市は州都トリバンドラムのほか、コジコーデ、コーチン、アレピーなどで、海港として発展した都市が多い。地形、気候、土地利用などの点から、西ガーツ山脈に沿って南北に走る熱帯雨林地域、これと相接する丘陵地帯、アラビア海に面する海岸地帯の三つの地域に区分される。言語に基づいた1956年の州再編成法によって、かつてイギリスの支配下にあったトラバンコール藩王国の一部が北隣のコーチンと合併し、トラバンコール・コーチン州となり、これに旧マドゥラ大管区のマラバル地区を併合して成立した。言語は公用語のマラヤーラム語のほかタミル語、カンナダ語が用いられる。
 ビハール州に次いでもっとも鉱物資源が豊富で、モナザイト、金紅石、雲母(うんも)、石灰、石英、石炭などを産する。おもな産業としては、これらの鉱物資源を中心とした鉱工業のほか、米、タピオカ、ココナッツ、アレカナッツ、カシューナッツ、コショウ、サトウキビ、ゴム、茶、コーヒーなどを基幹作物とする熱帯農業が営まれる。そのほか漁業も盛んで、インド六大港湾の一つ、中央政府管轄地区のコーチン港などがある。識字率は90%(1991)とインドでもっとも高く、またヒンドゥー教徒が人口の半数を占め、イスラム教徒、キリスト教徒がおのおの約20%を占めるなど、社会・文化的構造も他の諸州とはその様相を大きく異にしている。インドで最初の共産党州政府(1957~59)が成立した州として知られ、ナクサライト党ナイル会を中心とする急進的運動も激しい。[米田 巌]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ケララ

(Kerala) インド共和国南西部の州。州都トリバンドラム。かつて古代インドの王国。古来東西貿易で栄えた。マラバル地方ともいう。ケーララ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ケララの関連情報