コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケルセチン ケルセチン quercetin

翻訳|quercetin

4件 の用語解説(ケルセチンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケルセチン
ケルセチン
quercetin

化学式 C15H10O7 。配糖体として植物界に広く存在するフラボノイドの一種。3,3′,4′,5,7-ペンタヒドロキシフラボンに相当する。黄色針状晶。融点 316~317℃。冷水に不溶,熱水にやや可溶,冷アルコールエーテルに難溶。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ケルセチン(quercetin)

リンゴ・茶・タマネギなどに含まれる黄色色素で、フラボノイドの一種。染料・酸化防止剤のほか、動脈硬化高血圧などの予防に効果があるとされ、健康食品に用いられる。クエルセチン

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

ケルセチン

 C15H10O7 (mw302.24).

 フラボノール誘導体.植物中に広く分布する色素.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

ケルセチン【quercetin】

水溶性のビタミン様物質のひとつ。ビタミンPに含まれるフラボノイドの一種。たまねぎ、りんご、緑茶、ブロッコリー、モロヘイヤなどに多く含まれる。ビタミンCを安定に保ち、さらにビタミンCの優れた抗酸化作用を支える役割をもつほか、毛細血管の血管壁を緻密(ちみつ)にして栄養・酸素が血管に出入りする機能を適度に調整、高血圧予防、強い抗炎症作用で花粉症・アレルギー症状の緩和、末梢血管の強化、脂肪燃焼作用、血流改善、動脈硬化・高血圧・心筋梗塞などの生活習慣病予防の作用をもつ。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ケルセチンの関連キーワードビタミンLビタミンPビタミンB13ビタミンU脂溶性ビタミン水溶性ビタミンビタミンBビタミン様物質ビタミンK3ビタミンB15

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ケルセチンの関連情報