ケルン(読み)けるん(英語表記)Köln

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ケルン(ドイツ)
けるん
Kln

ドイツ中西部、ノルトライン・ウェストファーレン州の都市。ライン川が市内をほぼ南北に貫流する。人口96万8600(2002)。フランス語名コローニュCologne。ノルトライン地方の経済・文化の中心地で、テレビ・ラジオ放送の基地。ドイツでは50余の保険会社の本社が集中することで知られ、1360年以来の見本市(メッセ)が開かれる。自動車、化学、電気機器などの産業があり、とくに化粧水オーデコロン(フランス語で「ケルンの水」を意味するeau de Cologneの英語読み)の生産地として有名。鉄道、自動車道路が集中する国際的な交通要地で、河港もある。ケルン・ボン空港は都心から20分余りで近い。公立ではドイツ最古(1388創立)のケルン大学や、ローマ時代の遺跡ディオニソス・モザイクを内部にもつローマ・ゲルマン博物館があり、日本文化会館も所在する。旧市街はライン左岸のローマ時代の町の上に発展したもので、外側は半円形の環状緑地に囲まれ、市内にはケルン大聖堂をはじめ教会が多い。繁華街はホーエ通りとシルダーガッセ。[小林 博]

歴史

都市としてのケルンの歴史はきわめて古く、紀元前38年、この地に定住したゲルマン系ウビエル人の集落に始まる。紀元後50年、ローマ人が植民都市コロニア・アグリピネンシスColonia Agrippinensis(ケルンという名称はコロニアに由来する)をつくり、2世紀以降、下ゲルマニアの中心都市として、ライン川商業の一大中心地となった。民族移動の混乱期に都市的生活は一時衰えたが、785年、大司教座が置かれ、旧ローマ城壁外のライン川沿岸地区に次々と商人定住区が形成され、10世紀中葉、大司教ブルンは城壁を延長して商人定住区をも市域に取り込んだ。その後商業都市として急速に発展し、11世紀初頭にはロンドンに商館を有するまでになった。ハンザ同盟の有力な構成員となり、1258年のライン都市同盟の結成に際しては下ライン‐ウェストファーレン都市群の本部が置かれたほか、14世紀の中部ライン都市同盟でも指導的役割を果たした。1074年の富裕市民の蜂起(ほうき)は大司教アンノ2世によって鎮圧されたが、1112年の「自由のための誓約」で都市共同体を形成して自治のための歩みを進め、1288年のウォリンゲンの戦いののち、ほぼ完全な自治権を獲得し、1475年には神聖ローマ皇帝から「自由な帝国都市」として承認された。13世紀末以降、都市貴族層よりなる都市参事会ラートRatが市政を握ったが、14世紀には手工業者ツンフト(同職ギルド)の市政参加の要求が強まり、1396年には無血革命によって民主的市政制度が成立した。
 中世末期にケルンは人口4万を数え、ドイツ最大の都市であったが、15世紀末ごろより、ニュルンベルク、アウクスブルクなどの南ドイツ都市に経済的に追い抜かれ、さらに16世紀には、商業革命により、国際商業の重心がハンブルクなどの海岸都市に移行したため、相対的にケルンの地位は低下した。ナポレオン戦争の際、一時フランス軍に占領されたが、ウィーン会議によりプロイセン領に編入された。19世紀後半、鉄道網の集中によってふたたび繁栄を取り戻し、1888年以降、周辺の町村の合併を繰り返して、第二次世界大戦後には人口100万に近い大都市となった。[平城照介]

世界遺産の登録

ケルンのシンボルともいえるゴシック様式の「ケルン大聖堂」は1996年および2008年にユネスコ(国連教育科学文化機関)により世界遺産の文化遺産に登録されている(世界文化遺産)。
また、約15km離れた離宮、アウグストゥスブルク城とそれを取り囲むフランス式の庭園、さらに鷹狩(たかがり)用の別邸、ファルケンルストが1984年に世界遺産の文化遺産に登録されている(世界文化遺産)。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ケルンの関連情報