コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケースメソッド けーすめそっど

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

ケースメソッド

もともとハーバード・ビジネス・スクールで採用された事例研究法の1つ。 企業の実事例に基づく比較的長文の事例を素材とし、経営管理上の諸問題について集団で討議を行い、問題解決能力等の向上を図るもの。 幹部候補管理者の研修などに用いられることも多い。

出典 ナビゲートナビゲート ビジネス基本用語集について 情報

人事労務用語辞典の解説

ケースメソッド

ケースメソッドとは、実際に起きた事例を教材として、あらゆる事態に適した最善策を、討議し導き出す教育手法をいいます。社員研修などで実施する企業が増加しており、能力開発や次世代リーダー育成に有効な手法として注目されています。
(2007/10/22掲載)

出典 『日本の人事部』人事労務用語辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

ケースメソッド【case method】

実際に企業で起こった事例をもとに、経営管理・労務管理などの具体的な解決策を研究すること。ケース-スタディー。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ケースメソッドの関連キーワードインシデント・プロセスビジネス・ポリシービジネス・スクールケース・メソッドビジネス・ゲームケーススタディスタディー労務管理事例研究概念法学MBA

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android