ケース・メソッド

人材マネジメント用語集の解説

ケース・メソッド

case method
・現実にあった事例を、グループ等で分析・検討することで、単なる知識としてではなく洞察力・判断力向上を訓練する方法。
・実際の事例を教材とするため、教育効果も高く、欧米のビジネススクール等では広く教育プログラムとして積極的に活用している。
・事例を疑似体験できることから企業向け研修プログラムにおいても、簡単なケースメソッドを用いた研修は一般的になってきている。

出典 (株)アクティブアンドカンパニー人材マネジメント用語集について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android